fbpx

日経平均は3日ぶり反落、212円安の2万1,534円。パウエル証言、SQに警戒高まる(7/8)=証券市場新聞

きょうの日経平均は3営業日ぶり反落、前週末比212円03銭安の2万1,534円35銭。好調な6月米雇用統計を受けて過度な利下げ期待が後退したほか、週末には225先物オプションのSQも控えており、取り敢えずはポジションを軽くしたいという意識も働いたようだ。(『証券市場新聞 公式有料メールマガジン』)

※本記事は有料メルマガ『証券市場新聞 公式有料メールマガジン』2019年7月8日号の一部抜粋です。ご興味をお持ちの方はぜひこの機会にバックナンバー含め今月分すべて無料のお試し購読をどうぞ。

スマホで購読できる証券専門紙『証券市場新聞』の日経平均展望

6月米雇用統計は好調、利下げ期待は後退へ

8日大引けの東京市場は3営業日ぶり反落日経平均は前週末比212円03銭安の2万1,534円35銭で引けた。

日経平均株価 日足(SBI証券提供)

日経平均株価 日足(SBI証券提供)

6月の米雇用統計で非農業部門の雇用者数が22万4,000人増と5カ月ぶりの大幅な伸びとなり、過度な利下げ期待が後退。指数連動型ETFの分配金支払いに絡む換金売りや上海株安も重石となり、後場は下げ幅を拡げた。

個別銘柄は…

個別では富士興産、日鋳鉄管、ダイジェット、東邦シス、くら寿司、パイプドHD、レオパレス21は値下がり上位に売られ、任天堂やZOZOも安い。

半面、日本通信、CEHD、ジェイリース、ソウルドアウト、アクセル、ウエルシアは値上がり率上位に買われた。

きょうの値動きまとめと展望

週明け8日の東京市場は一時2万1,500円を割れる場面があった。

注目された6月の米雇用統計では、非農業部門の雇用者数が22万4,000人増と5カ月ぶりの大幅な伸びとなり、市場予想を上回る内容となった。

これにより月末のFOMCでの利下げ観測が後退し、10日のパウエルFRB議長の議会証言に警戒感が高まる状況になった。

元々、週末には225先物オプションのSQも控えているうえ、指数連動型ETFの分配金支払いに絡む換金売りから需給面で不安があるだけに、取り敢えずはポジションを軽くしたいという意識も働いたようだ。

国内では2月決算で10日に良品計画、11日に安川電機などが控えており、主力株は手掛けにくい。

方向感が見えない中で中小型では底値圏の出遅れを物色する動きになっているが、持続性に疑問がある銘柄も少なくないだけに、過度な上値追いには注意したい

続きはご購読ください。初月無料です

【連載】株式評論家・高野恭壽の投資戦略

※この項目は有料メルマガ購読者限定コンテンツです →いますぐ購読!

【関連】なぜドイツ銀行は破綻寸前に?従業員の2割(1.8万人)リストラ、株式売買業務から撤退へ=児島康孝


※本記事は有料メルマガ『証券市場新聞 公式有料メールマガジン』2019年7月8日号の一部抜粋です。ご興味をお持ちの方はぜひこの機会にバックナンバー含め今月分すべて無料のお試し購読をどうぞ。本記事で割愛した連載「高野恭壽の株式情報これでどゃ!!」もすぐ読めます。

【関連】韓国経済に致命傷。輸出規制は反日の報復ではなく、北朝鮮への「横流し」対策だった

【関連】東京福祉大学「消えた留学生」を裏から斡旋?外国人を食い物にする4つの団体が判明=山岡俊介

証券市場新聞 公式有料メールマガジン』(2019年7月8日号)より一部抜粋
※太字はMONEY VOICE編集部による

初月無料お試し購読OK!有料メルマガ好評配信中

証券市場新聞 公式有料メールマガジン

[月額3,780円(税込) 毎週月・火・水・木・金曜日(祝祭日・年末年始を除く)今月5/20回(最終2017/04/12)]
タブレッドやスマホで購読できる証券専門紙「証券市場新聞」を発行しております。平日の毎日、新聞では紹介できない特別な情報をメールマガジンで配信していきます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい