「日経平均の因縁場」1万6350円の考察/ソロスの中国観・原油相場観=山崎和邦

大人気メルマガ『山崎和邦 週報「投機の流儀」』のHTMLデラックス版が新登場!テキストメルマガではできなかったチャートや図解を用いた解説も掲載。今回の「わが追憶の投機家たち」ではこのデラックス版の最新号から、1万6000円台前半で膠着感を強める日経平均株価について山崎和邦氏の見通しをご紹介します。

※最新の書き下ろし記事(2/28公開)もぜひあわせてご覧ください
株安2大要因を覆す「理外の理」 マイナス金利と原油安、私はこう見る=山崎和邦

急落相場に一巡感も、上値追いはむずかしい状況

目先戻りの範囲は?

週末もザラバで付けたが16,473円、先日の16,350円、この辺は因縁場に当たる。下方への歯止めはかかったように見えるが上値は重いと見るべきだろう。

週末のCME日経先物は16,315円まで上昇しており、一時16,530円まで上昇する場面もあった。因縁場である。

28日から開催のG20会議もあり、新興国からの資金流出は止まない。特に産油国の日本株売りは続くであろう。要は原油価格次第だ。未だに年末水準の15%下に留まる。

図1 日経平均先物(30分足) 夜間取引ではレンジ上抜けを窺う動き

図1 日経平均先物(30分足) 夜間取引ではレンジ上抜けを窺う動き

今後、上昇しても“所詮は中間反騰だ”が市場の共通認識だし、それが自己実現してしまうだろう。

戻りのメドは、下がった分(20,952円から見るか、12月1日の最後の2万円台20,012円から見るかにより多少違うが)の「3分の1戻り」とか、「黄金分割比の38%戻り」とか、良く見て「半値戻り」ではなかろうか。

大天井から見ると3分の1戻りは下げ幅は(20952円-14865円=6087円)だから、6,087/3=2,029円

12日安値14,865円+2,029円=16,894円

当面目先は16,894円であろう。週末ザラバ高値からあと400円で終わりである。半値戻りとすれば14,865円+6,087/2=17,908円である。2月1日の17,905円はまさしくこれに該当する。

この17,909円は全くのケイ線上の数値でるが、大和証券の言う「ドル円115円を織り込んだ企業業績のPER14倍は18,000円だ」のファンダメンタル説に符合する。

但し概ね相場は、「符合する数値は実現しない」という意地悪な生き物である。淋しい言い方だが筆者は部下が投信を売らねばならない立場ではないから思った通りを言う。

図2 日経平均日足チャートも戻り目途

図2 日経平均日足チャートも戻り目途

以上は下値から計測したが、次は上から見るとこうなろう。

アベノミクス相場の始動点8,665円から6月大天井までの3分の1押し=16,857円
30年移動平均=16,843円
6月大天井から-20%=16,761円

NYではこの120年間に-20%は23回あり、それは下降相場に入ったとされる。このように16,700~16,800円は「因縁場」である。

図3 アベノミクス相場での節目

図3 アベノミクス相場での節目

さて、もっと身近な現象から言うとこうなる。2月1日の17,905円から12日14,865円まで、正味10日立ち会いで1,000円大台を3回割って3,040円幅を下げた。

この12日間の激動から言うと半値戻りが16,385円に相当する。これがまさしく先週の週末を含めて2度挑戦して抜けなかったレベルだった。

Next: 週明け目先の市場見通しは?「個人はもちろん上値を追わない」

1 2 3

山崎和邦(やまざきかずくに)

山崎和邦

1937年シンガポール生まれ。慶應義塾大学経済学部卒。野村證券入社後、1974年に同社支店長。退社後、三井ホーム九州支店長に、1990年、常務取締役・兼・三井ホームエンジニアリング社長。2001年同社を退社し、産業能率大学講師、2004年武蔵野学院大学教授。現在同大学大学院特任教授、同大学名誉教授。

大学院教授は世を忍ぶ仮の姿。実態は現職の投資家。投資歴54年、前半は野村證券で投資家の資金を運用、後半は自己資金で金融資産を構築、晩年は現役投資家で且つ「研究者」として大学院で実用経済学を講義。

趣味は狩猟(長野県下伊那郡で1シーズンに鹿、猪を3~5頭)、ゴルフ(オフィシャルHDCP12を30年堅持したが今は18)、居合(古流4段、全日本剣道連盟3段)。一番の趣味は何と言っても金融市場で金融資産を増やすこと。

著書に「投機学入門ー不滅の相場常勝哲学」(講談社文庫)、「投資詐欺」(同)、「株で4倍儲ける本」(中経出版)、「常識力で勝つ 超正統派株式投資法」(角川学芸出版)、近著3刷重版「賢者の投資、愚者の投資」(日本実業出版)等。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい