fbpx

日本人が知らない「中国コイン」相場の急騰、中国人に乗っかる投資が今後も有効なワケ=田中徹郎

値上がりコインはたくさん

代表的な値上がりコインとして「自動車ダラー」をとり上げましたが、中国には他にも同様の値上がリコインがたくさんあります。

挙げるときりがありませんが、たとえば清朝末期1903年に奉天省で発行された「光緒元宝」とよばれる大型銀貨です。

一昨年(2017年)に僕はお客様に提案し、このコインをオークションで代行入札したのですが、当時の落札価格は7,500ドルでした。同じ銘柄が先日オークションに出てきましたが、当時の4倍以上の3万2,000ドルで落札されました。なお、状態はどちらもAU55(極美品)です。

そのお客さんにもたいそう喜んでいただきましたし、僕も嬉しかったです。もちろん手放すお気持ちはないとのことでしたが、当然だと思います。

なぜ中国コインは急騰した?

さて、ここからが大切なお話です。

なぜ中国コインはこのように急騰したのでしょうか。

僕は2つ理由があると思います。

<急騰の理由その1:富裕層の資金がコイン市場に流れている>

まず、中国経済の構造的な問題です。

たしかに中国の経済成長は鈍化していますが、それでも先進諸国と比べれば十分に高成長です。

さらに中国の場合、日本と違って一部の富裕層に富が集中する傾向が見られます。経済成長率6%半ば(公称)という状況の中でも、相変わらず富裕層の仲間入りする人たちが大勢いるはずです。

言い換えれば、これは富裕層の拡大で、彼らのおカネはコインに流れているに違いありません。

しかも中国人は自国通貨に対する信頼感は希薄だとよく言われ、これも人民元ではない実物資産、つまりコインやカラーストーンにおカネが流れる要因になっているのだと思います。

<急騰の理由その2:中国人は自国の成長に自信を持っている>

さらに付け加えれば、彼らが持つ自国の将来への自信もまた、同国コインの上昇を後押ししているのではないでしょうか。

つまり「自分たちはまだまだ成長できる」という自信が、同国起源の資産の先高予測につながっているという見立てです。

Next: 中国人が好む資産に投資せよ? これからの投資の勝ち筋は

1 2 3
いま読まれてます

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー