fbpx

日本人が知らない「中国コイン」相場の急騰、中国人に乗っかる投資が今後も有効なワケ=田中徹郎

中国コインの相場について、語られることはほとんどありません。でも、数年で価値が12倍以上になった「自動車ダラー」ほか、近年の中国コインは着実に値上がりしています。(『一緒に歩もう!小富豪への道』田中徹郎)

プロフィール:田中徹郎(たなか てつろう)
株式会社銀座なみきFP事務所代表、ファイナンシャルプランナー、認定テクニカルアナリスト。1961年神戸生まれ。神戸大学経営学部卒業後、三洋電機入社。本社財務部勤務を経て、1990年ソニー入社。主にマーケティング畑を歩む。2004年に同社退社後、ソニー生命を経て独立。

中国の値上がりコインはたくさんある? 価格上昇の2大要因とは

中国コインがひっそりと値上がりしている

国内では中国コインの相場について、語られることはほとんどありません。

イギリスの「ウナ&ライオン」が値上がりした、現代イギリスの5ポンド金貨が200万円を超えた、
神聖ローマの10ダカット金貨が2,000万円で落札された…。

ヨーロッパコインにまつわる、この手の「値上がり話」はよく耳に入ってきますが、不思議と中国コインに関する情報を聞くことはありません。

きっと新興コイン商さん達が中国コインについて情報を持っておらず、相場のチェックもしていないからだと思います。

話題にもならないので、誰も関心を持たない…。

そのようなこともあり、一般の日本人は中国コインに関する情報を持っていませんし、一部の熱心なコレクターを除き購入することもありません。

でも、近年の中国コインは着実に値上がりしているのですよ。

数年で10倍以上に値上がりするコインも

たとえば、僕がよく取り上げる「自動車ダラー」です。このコインは1928年に中国の安徽省で発行された大型の銀貨です、デザインは当時のコインとしては珍しく、カッコいいクラシックカーが描かれています。

興味がある方は、弊社コイン専門サイトの「過去に代行落札した事例(「自動車ダラー」は上から34番目のコイン)」で、このコインの詳細をご覧ください。

このコインは近年ジワジワと相場が上がってきており、たとえば過去のオークション落札履歴を見ますと、以下のようになっています(※編注:VFとは、コインの状態が「Very Fine(普通)」であること)。

・2003年:VF 5万5,000円
・2017年:VF 70万円

これだけでもすごい値上がりですが、2017年以降もその勢いは止まりません。

先日香港で開かれたオークションでは、同程度の状態の個体「PCGS EF-40(美品)」が15,000ドル(税込み約170万円)で落札されていますし、数字のつかない個体「PCGS EF Details」ですら、12,500ドルで落札されました。

2003年から2017年までの値上がりもすごいですが、2017年以降の値上がりにも驚かされます。

Next: 中国の値上がりコインは他にもたくさん。その背景は?

1 2 3

文中に紹介されている価格については、掲載日時点のものとなります。実際の価格は購入先ページでご確認ください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい