fbpx

東京五輪、猛暑・熱中症に打つ手なし。組織委は「最終責任者は誰か」の質問を完全無視=三宅雪子

観客の健康までは知らぬ存ぜぬ?

観客に対してはさらに態度が曖昧です。「組織委員会の責めに帰すべきと判断される場合に組織委員会の責任となると考えております」などとまわりくどい条件をつけるのなら、どのような場合が「組織委の責めに帰すべきと判断」されるのか、きちんと明示すべきです。

また、「仮に熱中症にかかってしまった場合に使用できる会場内医務室の設置や救急車での搬送体制など、安心して観戦できる環境整備に努めてまいります」などと書いていますが、そんなことはイベントの主催者が準備すべき最低限の安全対策であって、だから安全だと納得できるわけがありません。

観客は全員が高額なチケットを購入して全世界から集まってくるのであり、有料であるからには安全を保証されていると認識して会場に来るのです。

そうした人々に対する責任を「責めに帰すべきと判断される場合は組織委の責任」と言うのは、ボランティアに対する「ケースバイケース」と同様に、完全な逃げの姿勢ではないでしょうか。

担当部署・最終責任者を問う質問だけガン無視

そして最も不誠実だと思うのは、質問の(2)で「ボランティアと観客を酷暑から守る部署、最終責任者は誰か。部署名と責任者の肩書き、名前を明示せよ」という要求を完全に無視していることです。

なぜ回答しないのかの説明すらなく、この期に及んで責任の所在を曖昧にしておこうという、逃げの姿勢が際立っていると思います。

皆さんはこの回答をどう感じられたでしょうか。この回答に対する再質問を直ちに送付し、さらに追及を続けるつもりです。

続きはご購読ください。初月無料です

【関連】東京五輪の費用、当初7000億から3兆円へ。予算も気候も偽って誘致した責任は誰が取るのか

【関連】後に引けない東京五輪。トイレ臭水泳会場、遊泳禁止も「条例変更」で強引開催へ

【関連】東京五輪のために我慢しろ?2分に1回、都心上空で騒音を出す羽田「新ルート」

<初月無料購読ですぐ読める! 9月配信済みバックナンバー>

※2019年9月中に初月無料の定期購読手続きを完了すると、以下の号がすぐに届きます。

三宅雪子の「こわいものしらず」VOL201(9/13)

・演歌歌手・神野美伽さんのブログが炎上
・「週刊ポスト」韓国特集騒動
・リツイートは賛同行為?
・僧侶がヘイト
・東京オリパラ組織委、熱中症責任の所在を明確にせず

三宅雪子の「こわいものしらず」VOL200(9/6)

・私が総理になったなら
・今ごろ育メン?
・ネトウヨの定義
・日韓関係~北海道への影響
・東京オリパラ組織委、熱中症責任の所在を明確にせず
・Tokyoインパール2020の記録49
いますぐ初月無料購読!


※本記事は有料メルマガ『三宅雪子の「こわいものしらず」』2019年9月6日・13日号の一部抜粋です。ご興味をお持ちの方はぜひこの機会にバックナンバー含め今月分すべて無料のお試し購読をどうぞ。

【関連】なぜ日本のシングルマザーは地獄なのか?約123万2,000世帯の半数が貧困=鈴木傾城

【関連】原発汚染水「海に放出」暴言問題、進次郎大臣の対応次第で東京五輪も政権もおじゃんに=今市太郎

1 2 3

三宅雪子の「こわいものしらず」』(2019年9月6日・13日号)より一部抜粋
※太字はMONEY VOICE編集部による

初月無料お試し購読OK!有料メルマガ好評配信中

三宅雪子の「こわいものしらず」

[月額880円(税込) 毎月第1金曜日・第2金曜日・第4金曜日]
3年3ヶ月の与野党国会議員の経験を生かし、三宅雪子独自の語り口で、あたたかみのある中にも、言うことは言う「こわいものしらず」なコラムを展開します。加えて、「教えて!○○さん」「名言・迷言・明言」「永田町コトバ」「ヒトリゴト」「話はそれますが…」など、私的なコンテンツもローテーションでお届けする予定です。

いま読まれてます

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー