fbpx

楽天は2,000億円を投資、ヤフーがZOZOを買収して手に入れたのは物流システムだった?=シバタナオキ

ヤフーが本当に本当に欲しかったものは何か?

以上、2つほどヤフーが欲しかったものというのは想像して書いてみましたが、実は本当にヤフーが欲しいものというのは、ZOZOの物流の仕組みなのではないかと思います。

ZOZOのサービスそのものが、ブランドから在庫を預かって在庫管理や配送まで行うという、楽天市場やヤフーショッピングから見ると一歩進んだ物流サービスまで提供しているものになっています。

これはまさに、Amazonがフルフィルメントサービスとして提供しているサービスそのものですが、このサービスは今後のECプラットフォームに必ず必要になってくるサービスだと言えます。

更に、ZOZOは現在、物流センター「ZOZOBASE」というものを拡張中です。

※参考:楽天市場のこれから 三木谷 浩史氏が語る「物流へ2000億円投資」「送料無料ライン」「ZOZO追撃」

実際楽天は2,000億円を投資して物流インフラを作ろうとしています。

そう考えると、今回4,000億円でZOZOの売上利益を取り込めるだけではなく、その物流インフラをそのまま手に入れられると考えれば、実は今回の買収はあまり高い買い物ではないのかもしれないと言うこともできますね。

※参考:Shopify buys warehouse automation tech developer 6 River Systems for $450 million

海外では、ヤフーショッピングや楽天のようなECプラットフォームであるShopifyが、つい最近物流サービスを手掛けるスタートアップを$450M(約450億円)で買収したばかりです。

Shopifyも対アマゾンという文脈において、ZOZOが提供しているような、あるいはAmazonがフルフィルメントサービスとして提供しているような物流サービスが必要になるということが明確に分かっているため、このような買収を行っているわけです。

そういった意味で、今回の買収はヤフーのeコマース事業における物流戦略としても、非常に大きな意味を持つ買収になる可能性があると個人的には考えています。

続きはご購読ください。初月無料です

ワーカーが稼ぎやすくするための2つの施策

施策1: スキル検定(KPI: 一人あたり契約金額)

施策2: オンライン面談自動予約(KPI: 契約ユーザー数)

※これらの項目は有料メルマガ購読者限定コンテンツです →いますぐ初月無料購読!


※本記事は有料メルマガ『決算が読めるようになるノート』2019年9月24日号の抜粋です。ご興味をお持ちの方はぜひこの機会にバックナンバー含め今月分すべて無料のお試し購読をどうぞ。

【関連】島根銀行がSBIとの提携で急騰…存亡の危機にある地方銀行に、再生の光は見えるのか=栫井駿介

【関連】何をどう買って売れば儲かるの?チャートを使った基本的な株式トレードの考え方=山田健彦

【関連】バブル突入への危険な前兆?日経平均株価10連騰でバリュー投資家が確認すべきこと=栫井駿介

image by: metamorworks / Shutterstock.com

1 2 3 4 5

『決算が読めるようになるノート』 2019年9月24日号『Q. ヤフーのZOZO買収で本当に本当に欲しかったものは何か?』より抜粋
※記事タイトル・本文見出し・太字はMONEY VOICE編集部による

初月無料お試し購読OK!有料メルマガ好評配信中

決算が読めるようになるノート

[1,001円(税込) 週2回程度]
アメリカ・日本のネット企業(上場企業)を中心に、決算情報から読みとれることを書きます。経営者の方はもちろん、出世したいサラリーマンの方、就職活動・転職活動中の方にも役立つ内容です。

文中に紹介されている価格については、掲載日時点のものとなります。実際の価格は購入先ページでご確認ください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい