fbpx

新規上場したBASEは流通総額が大きく伸長し利益も黒転、そのビジネスモデルの特徴は?=シバタナオキ

流通総額・売上

始めに、流通総額を見ていきましょう。

出典:同前

出典:同前

BASE事業の流通総額は、2018年度の1年間で238億円、YoY+63%となっています。

PAY事業の方は、流通総額が約37億円、前年同期比で約2倍の成長を遂げています。

出典:同上

出典:同上

直近の四半期での売上などを見てみると、2019年の4月から6月の四半期で、売上が9.2億円、売上総利益が5.3億円、営業利益が6,800万円と、黒字転換していることが分かります。

これまでは赤字が続いていましたが、これだけ速いスピードで成長をしながら黒字に転換できているという点で、とても好感が持てる決算だと言えるのではないでしょうか。

今日の記事では、BASEの2つの事業のテイクレートなどのユニットエコノミクスを、詳しく見ていきたいと思います。

それぞれEC型、マーケットプレイス型、決済手数料型という、教科書に出てきそうなお手本のようなビジネスモデルになっています。

この記事はEC事業を担当されている方、決済事業を担当されている方、これら二つの事業の基本を最新事例を通じて詳しく勉強したい方に最適な内容になっています。

続きはご購読ください。初月無料です

BASE(ECマーケットプレイス)のテイクレート

PAY.JP(決済事業)のテイクレート

BASE社の強み#1: ネガティブチャーン

BASE社の強み#2: 指数関数的なショップ獲得数

BASE社の強み#3: 店舗あたりの流通総額も右肩上がり

株主名簿

まとめ

※これらの項目は有料メルマガ購読者限定コンテンツです →いますぐ初月無料購読!


※本記事は有料メルマガ『決算が読めるようになるノート』2019年10月23日号の抜粋です。ご興味をお持ちの方はぜひこの機会にバックナンバー含め今月分すべて無料のお試し購読をどうぞ。

【関連】個人投資家は大口の売買に逆らうな…機関投資家の売り買いを見極める歩み値の見方=山田健彦

【関連】ソフトバンクGも参入するか?ユニゾHDのTOB合戦で再注目される日本の不動産業界=武田甲州

【関連】100円から始められる…ビギナーの投資家デビューに最適なポイント投資サービスが増加=坂本彰

image by: BASE公式サイト

1 2

『決算が読めるようになるノート』 2019年10月23日号『Q. 新規上場するBASEのテイクレートは?』より抜粋
※記事タイトル・本文見出し・太字はMONEY VOICE編集部による

初月無料お試し購読OK!有料メルマガ好評配信中

決算が読めるようになるノート

[1,001円(税込) 週2回程度]
アメリカ・日本のネット企業(上場企業)を中心に、決算情報から読みとれることを書きます。経営者の方はもちろん、出世したいサラリーマンの方、就職活動・転職活動中の方にも役立つ内容です。

いま読まれてます

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー