fbpx

韓国、世界経済同時減速で大ピンチ。中国に頼れず、日本へ急接近し融和策に必死=勝又壽良

米中貿易戦争の影響を強く受けるのは韓国

米中の置かれた経済状況が異なることは、米中貿易戦争を長引かせる要因となろう。

中国は、米国の主張する市場経済システムに抵抗している。あくまでも、補助金をテコに使って、国有企業制度を堅持する方針である。「中国製造2025」は、その典型例である。

米国はこの「中国製造2025」を潰そうと狙っている。一方の中国は、これによって産業高度化を図ろうという戦略だ。この攻防が長期になれば、中国経済へプレッシャーが強くかかるので、経済成長率は引き下げられる。

米中貿易戦争の影響を強く受けるのは韓国である。最も強い影響は、自由貿易港の香港シンガポールだ。韓国は、これら2国に次ぐ影響を被る。

韓国政府は、こうした状況下にあることをどこまで認識しているのか。韓国メディアでは、危機意識がないとサジを投げている。

日本に接近する狙いは…

韓国大統領経済首席秘書官は10月13日、「韓国経済は善戦している」と主張して、経済危機論を一蹴した。韓国の経済成長率が、潜在成長率にも満たないという指摘については、「ビジネスサイクル(景気変動)要因だ」と主張したというのだ。

このように、「言い訳の術」に長けているが、韓国経済についての危機意識は希薄である。自らが、立ち上がって危機を除去するという感覚に乏しいのだ。

実は、こういう韓国政府の「他人任せ」のところが、最近見せる執拗な日本接近の裏にあるようだ。

あれだけ国を挙げた「反日不買運動」を行いながら、情勢不利と見ればケロッとして日本へ接近してくる。普通の感覚ならば、恥ずかしくてとてもできない振る舞いである。韓国には、そういう「恥」の認識がないのだろう。

日本は、こういう隣国と付き合わねばならない運命なのだ。

続きはご購読ください。初月無料です

【関連】文在寅に突き刺さる2つのブーメラン、側近スキャンダルと反日煽り過ぎで支持率急降下=勝又壽良

【関連】韓国、無年金者が54.1%の衝撃。文在寅政権の反日と税金ばら撒きで自滅していく=勝又壽良

【関連】訪日自粛で韓国の2大航空会社が倒産危機、セルフ経済制裁で国ごと沈んでいく

<初月無料購読ですぐ読める! 10月配信済みバックナンバー>

※2019年10月中に初月無料の定期購読手続きを完了すると、以下の号がすぐに届きます。

2019年10月配信分
  • 滅びの道へ進む韓国、雇用は崩壊しアルバイト推奨する異常国家(10/24)
  • 米中関係は冷戦時代へ、米に高まる警戒論と中国経済自壊で重大局面(10/21)
  • 世界同時減速に直面の韓国、一転して日本へ急接近し融和策に必死(10/17)
  • 香港デモへ報復狙う習近平、トランプが逆襲の機会待つ「相関図」(10/10)
  • 韓国はGSOMIA復帰? 米国に外濠埋められ 北のSLBM発射で観念(10/7)
  • 金大中に遠く及ばない文在寅 経済無策と反日が韓国を破滅させる(10/3)

いますぐ初月無料購読!

image by:The White House at Wikimedia Commons [public domain.], via Wikimedia Commons

※本記事は有料メルマガ『勝又壽良の経済時評』2019年10月17日号の一部抜粋です。ご興味をお持ちの方はぜひこの機会にご購読をどうぞ。当月配信済みのバックナンバーもすぐ読めます。

【関連】後に引けない東京五輪。トイレ臭水泳会場、遊泳禁止も「条例変更」で強引開催へ=ら・ぽ~るマガジン

【関連】ミニストップ、193店閉店で経営悪化が止まらない。もう取り返せない4つのしくじり=栫井駿介

【関連】損保ジャパン4000人削減で最悪の労働搾取モデルが完成。業務自動化で年収250万減へ=今市太郎

1 2 3 4
勝又壽良の経済時評』(2019年10月17日号)より一部抜粋
※太字はMONEY VOICE編集部による

有料メルマガ好評配信中

勝又壽良の経済時評

[月額864円(税込)/月 毎週木曜日(年末年始を除く)予定]
経済記者30年と大学教授17年の経験を生かして、内外の経済問題について取り上げる。2010年からブログを毎日、書き続けてきた。この間、著書も数冊出版している。今後も、この姿勢を続ける。

いま読まれてます

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー