fbpx

消えたスティグリッツ教授の記事=三橋貴明

来日したスティグリッツ教授が安倍総理と会談し、消費税増税の見送りと「財政の拡大」を進言しました。しかしその後、不思議な現象が発生したのです。

記事提供:『三橋貴明の「新」日本経済新聞』2016年3月17日号より
※本記事のリード・本文見出し・太字はMONEY VOICE編集部によるものです

「日本は金融政策などを行っているが、財政政策がこれから必要だ」

本日、ベトナムから帰国します(まだ、ハノイにいます)。

さて、来日したスティグリッツ教授が、安倍総理と会談し、消費税増税の見送りと「財政の拡大」を進言しました。当然と言えば、当然ですが、その後、不思議な現象が発生したのです。

ノーベル経済学賞受賞者のジョセフ・スティグリッツ米コロンビア大教授は16日、政府の国際金融経済分析会合後、首相官邸で記者団の取材に応じ、「現時点では消費税を引き上げる時期ではないと思っている」と述べ、2017年4月からの消費税率引き上げに否定的な見解を示した。
「日本は金融政策などを行っているが、財政政策がこれから必要だ」とも語った。

出典:消費増税に否定的=スティグリッツ氏 – 時事通信ニュース

日本は金融政策などを行っているが、財政政策がこれから必要だ

まことに、ごもっともでございますが、不思議なことに、上記の記事はすでに時事通信のサイトから消えています。時事通信を転載していたYahoo!やgooニュースからも消えています。

ガジェット通信の時事転載は残っていますが、これもいずれ消えるのかも知れません。

繰り返しますが、不思議な現象です。

スティグリッツ来日や総理との会談の記事はいくつもあり、「消費税見送り」については報じられ、財政拡大についても書かれているのですが、
日本は金融政策などを行っているが、財政政策がこれから必要だ
が載っている時事通信の記事だけが、元記事が削除され、Yahoo!やgooの転載までもが削除されてしまったのです。

日本は金融政策などを行っているが、財政政策がこれから必要だ
と、スティグリッツ教授が発言したことが国民に知られると、何か都合が悪いことでもあるんでしょうか。あるんでしょうね、もちろん。

Next: 大手紙は「財政政策の必要性」についてどう報じているか?

1 2
いま読まれてます

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー