fbpx

結婚したいが生活水準は落としたくない…年収1,000万円の30代前半男性の悩み=山本昌義

30代前半の独身男性から、「できれば年収が同じくらいの女性と結婚したい。どう思いますか?」という相談がありました。今回はこの悩みについて解説します。(『婚活FP山本の実例分析書 ~運命の出会い、その先を見据えて~』山本昌義)

プロフィール:山本昌義(やまもと まさよし)
山本FPオフィス代表、CFP。商品先物会社、税理士事務所、生命保険会社を経て2008年に山本FPオフィスを設立。現在は「婚活FP」を名乗り、婚活パーティ等を企画しながら婚活中の方、あるいは結婚直後の方など比較的若年層の精神面・経済面双方の相談業務をメインにこなす。中立性の確保の点から、一切の商品・代理店は扱っていない。

今週の実例は、婚活における最近の男性心理と注意点

高年収同士の出会いには、結婚相談所の活用が有効

今回は30代前半の独身男性から、婚活についてお話を頂きました。

「できれば年収が同じくらいの女性と結婚したい。どう思いますか?」

当人の年収は約1,000万円。しかし生活水準を落としたくないので頼られる結婚は避けたいとのことです。

少し前なら高年収女性のセリフですが最近は、こういう男性が増えましたね。

今回は、高年収女性を求める婚活について少し建設的な考え方をお伝えします。

さて、まずは基本ですが『結婚相談所を使えば十分可能性アリ』あるいは料金高めの婚活サイトもアリかもです。

そもそも、年収1,000万円超えの女性というのは女性全体の1%しかいません。女性の約8割は、年収300万円台以下です。

このため、自然な出会いではかなり厳しく婚活パーティでも簡単には出会えません。

一方で冒頭でも触れた通り、高年収女性は同じように高年収男性を探しています。しかし女性から見た高年収男性も少数派なので多くは結婚相談所などで婚活している訳です。その方が効率的でもありますからね。

ただし、結婚相談所はライバルも多数です。

高年収女性を狙うのであれば、他の年収1,000万円男性と比べられるのであなたの年収が武器にならなくなります。さらに高年収な男性も沢山いますからこの点には注意が必要でしょうね。

しかし、まだ若いですから他の男性にも勝てる要素は十分あります。

ぜひ早めに結婚相談所などを使って早期の結婚を目指していきましょう!

Next: 高収入の女性を見つければ、生活水準を保つことはできる?

1 2

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい