fbpx

「かぼちゃの馬車」被害者オーナーの借金チャラに?スルガ銀行が救済策検討=姫野秀喜

世論はオーナー保護に違和感?

そうそう、このスルガのニュースについて、一般の人はほとんど興味を持っていないようです。

一方、不動産投資家はとても興味を持っているようで、ネットにはかなりの数の書き込みがなされていました。

ネットの反応を見ていると、「徳政令はズルい」とか「自分の投資の失敗は自分で責任とれ」とか、かなりかぼちゃのオーナーを叩いているコメントが多くて気になりました。

いちばん悪いのは業者

確かに、かぼちゃのオーナーがあまりに不勉強だったことは事実です。エビデンス書類改ざんや二重契約書、謎の覚書など、善意というにはオーナーの責任は軽くないと思う人もいると思います。

しかし、忘れてはいけない事実があります。

それは、最も悪いのは、かぼちゃの馬車を売りつけたスマートデイズ(スマートライフ)だということです。

ある意味で弱者であるオーナーを叩くのではなく、その原因を作ったスマートデイズを叩くべきなのです。

スマートデイズや類似のことをやっていた不動産業者は軒並み会社を倒産や解散していますから、責任の所在がわかりにくくなっています。

それで怒りの矛先がわかりやすいオーナーやスルガ銀行に向かっていますが、本来、社会正義としての怒りの矛先は、そういった悪質な業者たちに向くべきなのです。

こういうことが2度と起こらないために、スマートデイズの責任者をちゃんと処罰してこそ社会正義が通るというものだと思います。

まぁそんなわけで、かぼちゃのオーナーにとって一筋の光が見えてきたわけですから、同じ投資家仲間としては一緒に喜びましょう。

いつかは自分もそういった救済策に救われることもあるかもですよ。

【関連】住み続ける地獄。『すべてのマンションは廃墟になる』書評=姫野秀喜

【関連】べらぼうに増えた日本の空き家、所有者に代わって「税金で解体する」のが正しい理由=姫野秀喜

【関連】民泊新法から1年、届け出は1万7,000件へ。3強エリアは東京、大阪、そして意外な北海道=姫野秀喜

image by:TK Kurikawa / Shutterstock.com
1 2

1億円大家さん姫ちゃん☆不動産ノウハウ』(2019年11月21日号)より一部抜粋
※太字はMONEY VOICE編集部による

無料メルマガ好評配信中

1億円大家さん姫ちゃん☆不動産ノウハウ

[無料 ほぼ 平日刊]
会社員の姫ちゃんが1億円の大家さんになれた!あなたも数年で1億円の大家さんになれる!何から始めたら良いかわからない人に読んでもらいたい。基礎を守って、リスクは小さく、リターンは中くらい初歩からコツコツと誰でもできるシンプルな不動産ノウハウをあなたに~♪

いま読まれてます

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー