fbpx

海外不動産投資で年利10%を狙える…日本の常識では考えられない、その手法とは?=花輪陽子

<知っておきたいマネー用語>

●Land Banking(ランドバンキング)
ランドバンキングは将来上がると見込まれる土地を購入して、中長期間保有して価格上昇時に売却することによってキャピタルゲインを狙っていく手法です。

●Foreclosure(フォークロージャー)
ローンのデフォルトにより、競売のために銀行が行う不動産の差し押さえのこと。銀行の抵当権が設定されている競売物件のファクタリングが行われているアメリカの一部の州などで可能な投資手法。

ファクタリングで格安に購入した債権者との交渉に、強い弁護士とチームを組むことによって低価格で物件が取得できる可能性があります。

本日のまとめ

・高値のブル相場で絶対リターンを出す唯一の方法は流動性を犠牲にすること

・不動産投資は現物投資以外にも様々な手法がある

・投資目的の場合、出口を作って、高利回りを狙うフリップという手法は有効

・不動産が上がるかどうかは需給バランスで決まる

・アジア現物不動産はハイリスクローリターン
思っているようにキャピタルゲイン、インカムゲインが狙えない場合も

続きはご購読ください。初月無料です

花輪陽子スペシャルセミナー『年利7%以上を目指す海外投資実践』

2020年1月10日(金)19時~22時
懇親会付きセミナー 20名限定

お申し込みページはこちら↓
https://t.livepocket.jp/e/to7f7k

ゲストに海外不動産投資スペシャリスト・織田耕平氏をお招きし、海外金融投資不動産投資を詳しくお伝えする予定です。また、懇親会では海外投資を実践するうえでの具体的な質問などに回答していきたいと思います。

本イベントは、花輪陽子さんの有料メルマガ読者は1,000円OFFになります。割引の方法は、花輪陽子さんのメルマガにご登録いただき、送られてくる号外からお申し込みください。

<初月無料購読ですぐ読める! 12月配信済みバックナンバー>

※2019年12月中に初月無料の定期購読手続きを完了すると、以下の号がすぐに届きます。

2019年12月配信分
  • 年利10%を狙える 海外不動産投資 高利回りを狙えるフリップという手法は(12/13)
  • ボーナスで始める『年利7%以上を目指す海外投資実践』セミナー先行お申し込み(12/10)

いますぐ初月無料購読!

image by : F-Stop boy / Shutterstock.com

※有料メルマガ『花輪陽子のシンガポール富裕層の教え 海外投資&起業実践編』好評配信中!ご興味をお持ちの方はぜひこの機会にバックナンバー含め今月分すべて無料のお試し購読をどうぞ。

【関連】天才投資家ジム・ロジャーズが東京五輪を猛批判「借金が膨らみ、悪い結果にしかならない」=花輪陽子

【関連】日経225の行方が予想できない時ほど大きな儲けになることも…オプション取引の爆発力=堀川秀樹

【関連】不動産は株価から2年遅れて下落する…日本の土地がピークアウトするのは2022年頃=吉田繁治

1 2 3 4

本記事は『花輪陽子のシンガポール富裕層の教え 海外投資&起業実践編』(2019年12月13日号)より一部抜粋
※太字はMONEY VOICE編集部による

初月無料お試し購読OK!有料メルマガ好評配信中

花輪陽子のシンガポール富裕層の教え 海外投資&起業実践編

[月額990円(税込) 毎月第2金曜日・第4金曜日予定]
シンガポール富裕層の教えを受けて、駐在妻から海外で起業と資産運用を実践。読者の皆さんの一歩先を行くメンターとして、FPという専門家としても、メルマガで実践的なノウハウを提供。Q&Aにも回答。

いま読まれてます

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー