fbpx

海外不動産投資で年利10%を狙える…日本の常識では考えられない、その手法とは?=花輪陽子

今回は年利10%を狙える海外不動産投資の手法を解説します。株高、債券高で運用難の時代に絶対的なリターンを出す方法は一つ、流動性を犠牲にすることです。(『花輪陽子のシンガポール富裕層の教え 海外投資&起業実践編』花輪陽子)

※有料メルマガ『花輪陽子のシンガポール富裕層の教え 海外投資&起業実践編』好評配信中!ご興味をお持ちの方はぜひこの機会にバックナンバー含め今月分すべて無料のお試し購読をどうぞ。

プロフィール:花輪陽子(はなわ ようこ)
外資系投資銀行を経てFPに。2015年からシンガポールに移住。ジム・ロジャーズ著『日本への警告 米中朝鮮半島の激変から人とお金の動きを見抜く』(講談社+α新書)をインタビュー監修。『シンガポールで見た日本の未来理想図』(講談社+α新書)『夫婦で貯める1億円!』(ダイヤモンド社)など著書多数。「ホンマでっか!?TV」「有吉ゼミ」などテレビ出演や講演経験も多数。

年利10%なんて怪しい?実現にはもちろん、正しい知識が必要

高利回りが狙える、イギリス不動産投資のフィリップいう手法

今回は年利10%を狙える海外不動産投資の手法を解説します。「年利10%って怪しい」そう思う人も多いでしょう。それは正しい感覚です。

なぜこれほどリターンが高いのでしょうか。株高、債券高で運用難の時代に、絶対的なリターンを出す方法はたった一つ。その答えは、流動性を犠牲にするということです。

年金ファンドなども運用が困難で、その一部の資金をプライベートエクイティに投資をするなどしているようです。

今回は3年という期間の流動性を犠牲にすることで得られる10%リターンの出る投資についてお話をします。

英国不動産など海外不動産投資では高利回りを狙える

海外不動産の開発案件に投資をする場合、10%は決して高過ぎる水準ではありません。実際に英国不動産に投資をしている富裕層の方の中でも「3年間で45%のリターンを得た」という人もいるくらいです。

また、現物不動産に投資をするのではなく、ファンドになっているものを買うなどの様々な手法があります。シンガポールのIFA(インディペンデントファイナンシャルアドバイザー)がよく提案してくる商品としては私募ファンドが挙げられます。

オーストラリアのランドバンキングで期待リターン10%といったファンド、英国のヘルスケアに投資をしているファンドでトラックレコードが5年間ずっと右肩上がりといったファンドもあります。

こうした私募ファンドの場合、最低投資金額の単位も適確投資家(一定以上の年収や金融資産の要件を満たす投資家)でないと20万ドルなど高めだったりするケースもあります。

高利回りを狙えるフリップという手法は

不動産投資の手法としては現物不動産を保有する以外にも、フリップ、フォークロージャー、ランドバンクなどの手法があります。

フリップとは現物の中古不動産を購入し、リノベーションをすることにより価値を高めて、市場に転売する手法です。

いかに中古不動産を安く購入し、リノベーション効率よくするかが重要です。現地のデベロッパーの実績やスキームの構築の方法によっては現地の銀行融資を使ってレバレッジをかけることも可能です。スキームを簡単に説明すると、現地で設立させた法人に、投資家が出資をして儲けをデベロッパーと配分します。

手法にもよりますが最低投資額は約75万円程度とボーナスから投資をできるくらいの金額です。

開発から入ることによって、安く仕込むことができ、大きな利益を出すことができるのです。

Next: 海外の不動産投資で利益を出すことができる理由とは?

1 2 3 4

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい