fbpx

景気「緩やかに回復」は嘘? 黒田日銀総裁、海外では日本のGDPマイナス成長に言及=児島康孝

2019年の第4・四半期のマイナス成長は確実

日銀は、GDP算出のもとになるデータを知っているでしょうから、2019年の第4・四半期のマイナス成長は「ほぼ確実」なのでしょう。

さすがに景気が緩やかに回復しているはずが、マイナス成長だと、誰でもおかしいと思うでしょう。

そして、その原因を、日銀は「台風」のせいにするのでしょうか?
※参考:日銀は、実は金融緩和をしていない。デフレが続くわけだ – NY1本勝負メルマガ読者サロン
※参考:日本の工作機械受注、マイナス3割超の月が続出で「暴風雨」状態 – NY1本勝負メルマガ読者サロン

中低所得層の生活苦を改善すべき

デフレ基調に上乗せして、消費増税も生活苦の日本国民に追い打ちとなり、明らかに景況感を悪化させています。

アメリカはすでに景気回復に成功しているわけですから、アメリカに倣って、雇用の増加・雇用需給の改善(外国人労働者抑制)・減税をセットにして、中低所得層の生活苦を改善し、懐があたたまるようにすれば良いわけです。

そうしなければ、日本はいつまでも「インパール作戦」のまま、ということになります。

有料メルマガ好評配信中!初月無料です

【関連】景気回復はフェイクニュース。飲食店の倒産「過去最多」目前で日本は戦後最悪の恐慌状態=児島康孝

【関連】ジョイフルまで49億円赤字転落? マスコミは人件費高騰と報じるが、本当は売上不足=児島康孝

<初月無料購読ですぐ読める! 1月配信済みバックナンバー>

※2020年1月中に初月無料の定期購読手続きを完了すると、以下の号がすぐに届きます。

2020年1月配信分
  • 新型コロナウイルスが猛威、中国経済の低下で、円相場にも影響か(1/24)
  • 米中合意は「玉虫色」に。ただし、人民元についてはアメリカ優位(1/17)
  • ウクライナ航空機は、イランが誤射撃墜か。米国TVで大きく報じられる(1/10)
  • バグダッドの空港攻撃でイラン司令官が死亡、2020年は動乱の幕開け(1/3)
  • 【元旦特別号】なぜ、正月明けに相場は大きく動きやすい?(1/1)

いますぐ初月無料購読!

image by:World Economic Forum at Wikimedia Commons [CC BY-SA 2.0], via Wikimedia Commons

有料メルマガ『「ニューヨーク1本勝負、きょうのニュースはコレ!」連動メルマガ』好評配信中。ご興味をお持ちの方はぜひこの機会にバックナンバー含め今月分すべて無料のお試し購読をどうぞ。

【関連】なぜAmazonは中国製の粗悪品だらけになった?日本人を狙い撃ちする中国留学生マニュアル=鈴木傾城

【関連】ほっともっと、190店閉店で経営危機。からあげを増やして直営店を減らす大悪手=栫井駿介

【関連】リンガーハット、20億円赤字・大量閉店から完全復活。わずか数年で改革できた3つの要因=栫井駿介

1 2

ニューヨーク1本勝負、きょうのニュースはコレ!』(2020年1月25日号)より抜粋
※タイトル・見出しはMONEY VOICE編集部による

無料メルマガ好評配信中

ニューヨーク1本勝負、きょうのニュースはコレ!

[無料 日刊]
FRB緊急利下げへ」「日銀マイナス金利」をヒットさせた腕を生かし、海外投機筋、米・欧・日の中央銀行の最新情報をメルマガで!まぐまぐ殿堂入り、MONEY VOICE掲載メルマガ。為替FX・株式・資産運用のヒントに、一味違うメルマガ情報。※号外広告あり

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー