fbpx

再雇用後の給与、4割が「定年前の半額以下」。知っておきたいセカンドキャリアの現実

「人生100年時代」と言われる今、定年後に再雇用制度を使って働いている方々は、どのような働き方をしているのでしょう。高齢者の就労支援を行う株式会社マイスター60が60~65歳の全国の男性500名を対象に実施した「再雇用で働く会社員の意識調査」【第1弾(再雇用で働く方々の給与面や仕事の満足度)】の結果を紹介します。

雇用形態は「嘱託/契約社員」、契約期間は「1年間以内」が最多

出典: PR TIMES

出典: PR TIMES

現在の雇用体系を聞いたところ、最も多い回答は「嘱託/契約社員(64.2%)」で、「正社員/正職員(32.2%)」と続きました。契約期間では「1年間以内(48.6%)」が最も多く、次いで「1年間を超える(38.6%)」、「期間の定めはない(12.8%)」と続きました。

給与は「定年時の半額以下に減った」が4割

出典: PR TIMES

出典: PR TIMES

勤務先で定年を迎え、再雇用制度を使って働いている方に、定年後の賃金の変化について聞いたところ、最も多かった回答が「5割以上減った」で39.8%という結果となり、次いで「3~4割程減った」が39.6%と並びました。

また「1~2割減った」と回答した方が12.6%、「同程度」と回答した方は7.4%、「増加した」と回答した方は0.6%という結果となりました。

仕事は「想定の範囲内」も、「給与」は4人に1人が「全く想定通りではなかった」

出典: PR TIMES

出典: PR TIMES

定年前に想定していた仕事内容と再雇用後の実際の仕事に開きがあったかどうか聞いたところ、「勤務日数・時間」「仕事内容」共に9割以上が「想定通りだった」もしくは「どちらかというと想定通りだった」という回答だったのに対し、「給与」では想定通りは75.2%にとどまり、4人に1人の24.8%が「全く想定通りではなかった」と回答しました。

Next: 再雇用後に7割以上の人が「不満」に思っていることは?

1 2

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー