fbpx

始まった「働き方改革」で日本人はさらに貧乏に。企業利益優先で総人件費は減少へ=斎藤満

日本は結局「働かせ方改革」

結局、「働かせ方改革」ではなく、労働者にとっての「働き方改革」にするためには、彼らに労働再生産に耐えられる最低賃金の保証を与え、あとは企業ではなく、労働者に選択の自由を与える形にすることで、労働のインセンティブを確保する必要があります。

定年延長ではなく、米国のように定年制を廃止し、働きたい人にはいつまでも働ける場を与えるのが良いでしょう。

雇用改革の狙い、出発点が「企業利益」から「労働者の利益」に代わる必要があり、低下しすぎた労働分配率が修正されるような改革に持ってゆく必要があります。

続きはご購読ください。初月無料です

【関連】政府統計「不正」準備万端?景気悪化を認めぬ安倍政権が数字のお化粧方法を密かに告知=斎藤満

<初月無料購読ですぐ読める! 2月配信済みバックナンバー>

※2020年2月中に初月無料の定期購読手続きを完了すると、以下の号がすぐに届きます。

2020年2月配信分
  • 政府の「働き方改革」に落とし穴(2/10)
  • コロナウイルスは時限爆弾(2/7)
  • 鵜呑みにできない政府統計(2/5)
  • FRBにレポオペ解除不能危機(2/3)

いますぐ初月無料購読!


※本記事は有料メルマガ『マンさんの経済あらかると』2020年2月10日の抜粋です。ご興味を持たれた方はぜひこの機会にバックナンバー含め今月すべて無料のお試し購読をどうぞ。

【関連】安倍政権「消費増税の影響は小さい」は大嘘、庶民は必死に生活防衛している=斎藤満

【関連】40代のリストラ加速。人手不足は大嘘で、超低賃金の単純労働者だけを求める日本社会=今市太郎

【関連】これで外交の安倍?トランプに「もっとも媚びる野郎」と馬鹿にされる日本の首相=今市太郎

【関連】なぜ中国人は新型コロナウイルスの発生源らしいコウモリを食べるのか?=浜田和幸

1 2 3 4

マンさんの経済あらかると』(2020年2月10日号)より一部抜粋
※太字はMONEY VOICE編集部による

初月無料お試し購読OK!有料メルマガ好評配信中

マンさんの経済あらかると

[月額880円(税込) 毎週月・水・金曜日(祝祭日・年末年始を除く)]
金融・為替市場で40年近いエコノミスト経歴を持つ著者が、日々経済問題と取り組んでいる方々のために、ホットな話題を「あらかると」の形でとりあげます。新聞やTVが取り上げない裏話にもご期待ください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー