fbpx

ブイキューブ—感染症懸念から開催・参加が危ぶまれる株主総会を支援する特別配信サービス「SCP」を提供開始

マネーボイス 必読の記事



ブイキューブ<3681>は18日、インターネットを活用したライブ中継を実現する特別配信サービス「SCP」を提供開始することを発表。

同社によると、ここ数日顧客より、感染の拡大が懸念される新型コロナウイルスの影響で株主総会の開催が危ぶまれるとともに、開催しても参加する株主が激減する可能性があり、インターネットを活用したライブ中継に関する相談がきているという。

同社でも、3月末の同社の株主総会を従来通りオンラインセミナー形式での株主参加で問題なく開催可能といった考えを持っていることから、同様の解決策として同サービスを提供開始する。

提供するサービスはライブ配信システムのみでなく、配信スタッフの派遣から機材の手配、実際の配信サポートまで一気通貫のサービスとなる。ユーザーも、サイトのメールやURLをクリックするだけで自宅や職場からライブ配信に参加することが可能となるうえ、参加者を制限・特定する事もできるため、柔軟な株主総会の運営が可能となるとしている。




記事提供:

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー