fbpx

米週次新規失業保険申請件数/米Q1GDP改定値/4月耐久財受注速報値、ドル軟化

マネーボイス 必読の記事





米労働省が発表した週次新規失業保険申請件数は前週比‐32.3万件の212.3万件と予想210.0万件を上回った。過去10週間の申請件数は4000万超に達した。一方、失業保険継続受給者数は2105.2万人で、前回2491.2万人から増加予想に反して減少し、4月24日来で最低となった。

米商務省が発表した1-3月期国内総生産(GDP)改定値は前期比年率‐5.0%と、予想外に速報値-4.8%から下方修正され2008年金融危機以来最大の落ち込み。一方、1-3月期個人消費改定値は前期比年率−6.8%と、速報値-7.6%から予想以上に上方修正された。

4月耐久財受注速報値は前月比‐17.2%と過去最低を記録した2014年8月来で最低となったものの予想-19.0%は上回った。変動の激しい輸送用機除いた4月耐久財受注速報値も前月比−7.4%と過去最低となった2009年1月来で最低となったが、予想-15.0%程、悪化しなかった。国内総生産(GDP)の算出に用いられる製造業出荷・資本財(航空機を除く非国防)速報値は前月比−5.4%と過去最低を記録した2009年1月来で最低。予想-12.2%は上回った。

冴えない結果を受けてドル売りが優勢となった。ドル・円は107円82銭まで上昇後、107円71銭まで下落。ユーロ・ドルは1.1006ドルから1.1040ドルまで上昇し、3月31日来の高値を更新した。

【経済指標】
・米・先週分新規失業保険申請件数:212.3万件(予想:210.0万件、前回:244.6万件←243.8万件)
・米・失業保険継続受給者数:2105.2万人(予想:2568万人、前回:2491.2万人←2507.3万人)
・米・4月耐久財受注速報値:前月比‐17.2%(予想:-19.0%、3月:−16.6%←-14.7%)
・米・4月耐久財受注(輸送用機除く)速報値:前月比−7.4%(予想:-15.0%、3月:−1.7%←-0.4%)
・米・4月製造業出荷・資本財(航空機を除く非国防)速報値:前月比−5.4%(予想:-
12.2%、3月:−1.2%←-0.2%)
・米・1-3月期GDP改定値:前期比年率‐5.0%(予想:-4.8%、速報値:-4.8%)
・米・1-3月期個人消費改定値:前期比年率−6.8%(予想:-7.5%、速報値:-7.6%)


記事提供:
元記事を読む

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー