fbpx

東京為替:ドル・円は底堅い、日本株は上げ幅を拡大

マネーボイス 必読の記事




13日午後の東京市場でドル・円は106円80銭台と、底堅い値動きが続く。世界的な新型コロナウイルスのワクチン開発への期待感を背景に、ドル売りに振れやすい。一方で、日経平均株価は前週末比400円高と上げ幅を拡大しており、リスク選好的な円売りがドル売りを抑制しているもよう。


ここまでの取引レンジは、ドル・円は106円79銭から106円95銭、ユーロ・円は120円82銭から121円04銭、ユーロ・ドルは1.1304ドルから1.1330ドル。

記事提供:
元記事を読む

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー