fbpx

住友鉱—自律反発を意識されやすい水準まで調整

マネーボイス 必読の記事



9月14日高値3650円をピークに調整が続いており、直近で支持線として機能していた75日線まで調整している。一目均衡表では雲下限が支持線として意識されやすく、自律反発を意識したスタンスに向かうかが今後注目される。遅行スパンは実線と交差しており、シグナル悪化を回避できるかが見極め処。
いま読まれてます

記事提供:
元記事を読む

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー