fbpx

報道されぬタイ反政府デモの意外な落ち着き。現地日本人が警戒していること=栗原将

タイの規制はかなり厳しい

つい先日には、フェイスブックの投稿が削除されたことが問題になりましたね。

相手がマスメディアの場合には、特派員をなんらかの理由で拘束したり、スパイ容疑などで国外追放にするのが他国でも常道です。

SNSの場合は記者に圧力をかける代わりに、国内での閲覧ができないようにブロックするわけです。

日本は報道・言論の自由を満喫できる国?

日本でも、たびたび「報道の自由が脅かされている」といった主張(?)を叫ぶ一部勢力が見られます。しかし、日本で反体制ジャーナリストが毒殺されたとか、謎の事故死といった話はまったく聞きません。

一番リスク背負っているのは、いわゆる右派メディアと言われている所で、日本の近隣国で捕まったり、追放されたりしています。

一方で、左派の人や学者たちは、近隣国に行くと、危険どころか、真逆で国賓級の待遇を受けたりして、安全地帯から安心して日本政府批判をしています。

つくづく、日本は、報道の自由・言論の自由が満喫できる国だなぁと感じています。

【関連】「コミュ障」専業トレーダーの退場率が高くなるのはなぜか?(株・FX)=ショー

【関連】10年後に100万円返ってくる借用証書、あなたならいくらで買いますか?=ショー

【関連】求人は多くても、タイで「優秀な日本人」として働くのが大変な理由=ショー

image by:SPhotograph / Shutterstock.com

海外投資とネットビジネスで海外移住、ハッピーライフ』(2020年10月15日号)より
※太字はMONEY VOICE編集部による

無料メルマガ好評配信中

海外移住から帰国した50歳男子の北海道くらし日記

[無料 ほぼ日刊]
9年間のタイ、フィリピンでの海外移住生活から帰国し、北海道暮らしをはじめた50歳男子が、久々の日本生活から感じることや、海外生活のメリット・デメリット、そして、地方暮らしの実際について独自目線で語っていきます。

いま読まれてます

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー