fbpx

テスラ株採用で「S&P500」乱高下へ。ハイテク株が支配する米国株=高梨彰

本日より、電気自動車メーカーのテスラ株が米主要株価指数S&P500種に入ります。これにより、今年だけで7倍と、派手な値上がりを続けてきたテスラ株の動きがそのままS&P500にも影響を与えます。(『高梨彰『しん・古今東西』高梨彰)

※本記事は有料メルマガ『高梨彰『しん・古今東西』』2020年12月21日号の一部抜粋です。ご興味をお持ちの方はぜひこの機会にバックナンバー含め今月分すべて無料のお試し購読をどうぞ。

プロフィール:高梨彰(たかなし あきら)
日本証券アナリスト協会検定会員。埼玉県立浦和高校・慶応義塾大学経済学部卒業。証券・銀行にて、米国債をはじめ債券・為替トレーディングに従事。投資顧問会社では、ファンドマネージャーとして外債を中心に年金・投信運用を担当。現在は大手銀行グループにて、チーフストラテジスト、ALMにおける経済・金融市場見通し並びに運用戦略立案を担当。講演・セミナー講師多数。

テスラ、S&P500種の構成銘柄入り

米議会にて9,000億ドル(93兆円)の経済対策が共和・民主両党の間で合意したと、共和党マコネル上院院内総務が述べています。合わせて、「テスラ、S&P500種の構成銘柄入り」も話題です。

本日より、電気自動車メーカーのテスラ株が米主要株価指数S&P500種に入ります。これにより、今年だけで7倍と、派手な値上がりを続けてきたテスラ株の動きがそのままS&P500にも影響を与えます。

TESLA INC<TSLA> 日足(SBI証券提供)

TESLA INC<TSLA> 日足(SBI証券提供)

S&P500指数 日足(SBI証券提供)

S&P500指数 日足(SBI証券提供)

株高=ハイテク株高

テスラ株がS&P500の中に占める比率(影響度)は1.69%、500種の中で5番目に大きな存在です。

因みに、テスラよりも上位にあるのは、アップル(6.47%)、マイクロソフト(5.29%)、アマゾン(4.37%)、フェイスブック(2.13%、いずれもCNBCサイトより)。

またグーグルの親会社アルファベットはクラスA株とクラスC株があって、それぞれ1.66%・1.61%の構成比率となっています。

というわけで、実質的にテスラはS&P500の中で6番目に大きい株です。

それにしても、改めて米国株はハイテク株に支配されていると、この構成比率1つとっても確認可能です。「株高=ハイテク株高」といっても過言ではありません。

Next: テスラがS&P500を急落に導く?

1 2
いま読まれてます

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー