ぼくらが株を売る理由。心がわりは決算のせい?=炎

何もこの水準で売らなくても良さそうだが、あらゆる株価指標が割安に放置された状態でも売りが出る銘柄があります。でもこうした銘柄が少ないのであれば修正運動が起きるはずですが、今は多くの銘柄が指標面で割安に放置されていて、束になって割安銘柄がありますので、投資家にはこうした現象が日常茶飯事になるわけです。(『億の近道』炎のファンドマネージャー)

プロフィール:炎のファンドマネージャー(炎)
小学生から証券会社に出入りし、株式投資に目覚める。大学入学資金を株式の利益で確保し、大学も証券論のゼミに入る。証券会社に入社後は一貫した調査畑で、アナリストとして活動。独立系の投資運用会社でのファンドマネージャーの経験も合わせ持つ。2002年同志社大学・証券アナリスト講座講師を務めたほか、株式漫画の監修や、ドラマ『風のガーデン』(脚本:倉本聰)の株式取引場面の監修を行う。

本当にこれでいいのか?複雑ではなく非常に単純な「売り」の背景

さらに売られる割安株

およそ3600社の上場銘柄の多くが割安だと評されていますが、投資家の懐はなかなか良くならないので、積極的に上値を買う向きが少ない状況下では致し方ありません。

時価総額が最大のトヨタ<7203>ですら減益見通しの中でPER10倍・PBR1倍・配当利回り3%という水準に甘んじる状況下では、全体相場が元気になるはずはありません。

【関連】公募割れ続く日本郵政とゆうちょ銀行 「騙された」株主のとるべき道は?=栫井駿介

各上場銘柄には上場来の歴史があり、過去の投資家へのリターンが大きいほど古くからのファンが集まり、売りに対して活発な買いが入ってきます。各上場企業は業績を向上させることで投資家との信頼関係を構築しながら活動しています。

上場間もない企業はそうした信頼性に欠けるため、説明を十分にしないと投資家からの信頼を失ってしまいます。業績が堅調だろうとなかろうと、未来の成長や事業の方向性を語る必要があります。

個人投資家を主体にしたステークホルダーはもちろん、機関投資家を相手にしている企業も当然のごとくきちんとした説明が必要です。アナリストはそうした説明の場に出向いて、根ほり葉ほりヒヤリングしてその方向性を探ります。

そうした専門家が解説してくれるのであれば投資家はそれに従うこともできますが、専門的な見地で解説がない企業には投資家個々人の判断で売り買いがなされますので、時には見かけの数字だけで売りが出たりもします。

保有している銘柄の内容がいくら良くても、単純に第1四半期が減益になったから売るとかいう行動に出てしまいます。

株を売る理由はシンプル

株を売る理由は、複雑なものではなくとてもシンプルです。発表された業績が増益なら買い、予想より良くても買い、反対に減益なら売り、予想より悪くても売りというものが基本となります。

四半期決算が発表されるようになったので、上場企業も大変です。通期決算の過程で事業内容によっては四半期が赤字になったり大幅な黒字になったりとしますので、そのたびに株価が変動しがちになります。

投資家はそうした業績発表内容に一喜一憂しがちですが、実際にはロングランで見れば買いタイミングはそうした売り物を拾うべきなのかも知れません。

ただし、それには我慢する時間軸をかなり念頭に入れて置く必要があります。

資金量が豊富な投資家ならむしろ、四半期決算発表後のイレギュラーな株価変動時こそ投資のチャンスと言えるでしょうが、それにはかなりの分析力と経験が必要になります。

株を売るのは「保有するメリットよりも売却するメリットがあるため」でしょうか。保有していて値下がりする可能性があるのであれば、ためらうことなく売却する。そうした短期的な視点で取り組む投資家が最近の株式市場には多くなっている可能性があります。

それにしてもPER4.5倍、PBR0.45倍、配当利回り4.5%などという水準に放置された無借金銘柄があるのには驚きです。企業側もここまで放置されていて何もしないというのは驚きを通り越してしまいます。

ただ、通常は売り買いが離れていて売買が成立しないはずなのに結構出来高もできていますので、参画している投資家は案外、冷静に取り組んでいるのかも知れません。企業側も案外分かったうえで放置しているのかも知れませんので、今後の展開に興味津々といったところです。

Next: 富の分配を受ける株式投資家、小口運用と年金運用の決定的な違い

1 2 3 4

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー