fbpx

グリーンスパン元FRB議長とロスチャイルド「極めて悲観的な見通し」で一致

グリーンスパン元FRB議長が「米国の金利は今後急速に上昇する」と見ているとの報道がありました。彼の結論は2つ、「現在の低金利は長くは続かない」そして「ユーロ圏は分裂する」です。(『いつも感謝している高年の独り言(有料版)』)
Greenspan Sees U.S. Interest Rates Rising Soon, Perhaps Rapidly – Bloomberg

※本記事は、『いつも感謝している高年の独り言(有料版)』2016年8月25日号の抜粋です。ご興味を持たれた方はぜひこの機会にバックナンバー含め今月すべて無料のお試し購読をどうぞ。

グリーンスパン元FRB議長「米国の金利は今後急速に上昇する」

報道のポイント

グリーンスパン元FRB議長は、ブルームバーグのラジオ・インタビューで、米国証券取引委員会のArthur Levitt元委員長に対し「金利を長く抑え続けることはできないだろう」と語った。

金利は上昇するはずであり、一旦動き出すと、驚く程急速に上昇するだろう」という。

現在、満期10年もの米国債の金利は1.55%で、年初の2.27%から大きく下落しているが、同元議長は、米国経済は景気沈滞下のインフレ、スタグフレーションになるとの懸念を示し、「現在は、スタグフレーションの極めて初期の状態にあることは間違いない」とした。

【関連】グリーンスパン元FRB議長が仕掛けた「金融爆弾」 ゴールド現物は投資家を救うか?

また、ユーロ圏が現在の姿で今後も存続できるかどうかについては非常に悲観的で、同元議長は「EUは分裂するだろう。すでに色々な地域でその徴候が見られるではないか」と語った。

彼が、19カ国の通貨をまとめるのは無理があると考えるのは、まず各国の文化が違うこと。次にインフレーションに対する考え方が、欧州の南側と北側の国々とでは異なることが理由だ。

ドイツやオーストリアなど、インフレ嫌いの数カ国で独自の共通通貨を創設することも可能だろうが、そうなると、これらの国々は経済的な利益を得ることができなくなると同議長は語った。

ノーベル賞受賞者のスティグリッツ教授は、別のブルームバーグTVのインタビューで、EUは何らかの改革を進めない限り分裂するだろうとして、「一緒にいることができないのであれば、友好的な協議離婚となり、多分2つか3つの通貨ブロックに分かれるのが好ましいだろう」と語っている――

以上です。

有限の地球表面に、ヘリコプターから無限にマネーを散布すれば、ある日突然物価が上昇し、同時に金利が高騰するだろうという「予言」は、元議長だけでなく、多くの論者が語っています。のみならず、ワイマール時代のドイツ、現在のジンバブエなどで実際に起きた歴史的事実でもあります。

国家が信認を失ったときが、そのスタート地点となります。それとも、日銀総裁が全世界に語りかけたように、「ピーターパンのように飛び続けることができると信じれば、飛び続けられる」のでしょうか?

Next: ロスチャイルド投資ファンドトップも「極めて悲観的な見通し」

1 2

文中に紹介されている価格については、掲載日時点のものとなります。実際の価格は購入先ページでご確認ください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい