fbpx

イエレンの心変わりとQE4。経済崩壊を先送りするたった1つの方法

著名な資産運用マネージャーで、「QE(量的金融緩和)の動向を的確に予測する男」として知られるビル・フレッケンシュタイン氏は、最近、会員からの質問に対して、「リセッションが迫っており、QE4、あるいは直接的なQE、あるいは、少なくともマイナス金利(NIRP)が設定される」可能性が高いと回答しました。

国内外のさまざまな情報に精通し、ユニークな視点からの分析で定評のある『カレイドスコープ』のメルマガが、マイナス金利を言い始めた「イエレンFRB議長の心変わり」と、にわかに現実味を帯びてきた米追加緩和のゆくえを考察します。

※不許複製・禁無断転載(本記事の著作権はメルマガ著者および当サイトに帰属します。第三者サイト等への違法な転載は固くお断り致します)

「QE4、あるいは直接的なQE、少なくともマイナス金利が設定される」

米国の経済崩壊を先延ばしする唯一の方法は追加緩和のみ

事態は、アメリカにとって最悪です。

債務上限の期限が迫る中、ロシアとアメリカは、(表向き)イスラム国掃討作戦で連携せざるをえない羽目に陥っています。

さらに、中国は上海市場の崩壊を口実にして、米国債の売りを開始すると同時に、アメリカの反応を見ています。

これで、先月下旬の国連総会に合わせた米中首脳会談で、習近平がオバマに冷遇された理由が分かろうというもの。あれが芝居だとすれば、習近平も、かなりの役者です。

とにもかくにも、もう利上げ話など、どこかに吹き飛んでしまったようです。

さらに、安倍首相が、いくら「GDP600兆円を目指す新アベノミクス」をぶち上げてみても、さすがにアベノミクスで懲りている海外の反応は冷淡です。

その中で、日本のTPP参加、そして、11月4日の郵政グループ3社の巨額新規上場は、オバマ政権とウォール街にとっては大いなる朗報でしょう。

しかし、本当に恐いのは、その後かもしれません。つまり、レバレッジを最大限利かせたヘッジファンドが、何かを仕掛けてくる可能性が濃厚だからです。

残すところは、連邦準備制度理事会のジャネット・イエレンが、Q4(量的金融緩和の第4弾)を宣言するかどうかです。アメリカの経済崩壊を先に引き延ばすことができるのは、Q4以外にありません。

「緩和を的確に予測する男」ビル・フレッケンシュタイン

そのQ4の可能性について、ビル・フレッケンシュタイン(Bill Fleckenstein)が明確に答えています。

ビル・フレッケンシュタインは、マネー運用のマネージャーとして30年以上の経験を持つベテランで、1996年以降は、毎日、市場レポートを書いています。

彼が2003年に創設した貴金属投資情報サービス会社『FleckensteinCapital.com』は、直接のオーナーシップと投資家たちによって完全にコントロールされている唯一の会社で、彼自身もテレビ番組に多数、出演しています。

彼は、スイス国立銀行が驚異的な損失を出すこと、そして、連邦準備制度理事会がグローバルな金融システムを不安定にするほど大きい損失を経験することなどを的中させました。彼は、QE(量的金融緩和)の動向を的確に予測する男として知られています。

Next: 「リセッション(景気後退)は迫っている」フレッケンシュタインの最新分析

1 2 3

初月無料お試し購読OK!有料メルマガ好評配信中

『カレイドスコープ』のメルマガ

[月額756円(税込) 毎週木曜日(祝祭日・年末年始を除く)]
『カレイドスコープ』は、よく「目から鱗」と言われます。国内外の確かな情報を、いくつも紡いで面にしたときに、初めて世界で起こっている事象の深層に迫ることができます。今こそ、ご自分のアングルと視座をしっかり持って、視界ゼロメートルの霧の中から脱出してください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい