fbpx

イエレンの心変わりとQE4。経済崩壊を先送りするたった1つの方法

最初から利上げするつもりのないFRB、次は富裕層から金を巻き上げる?

まず、「マイナス金利(NIRP)が設定される」についてですが、FRBのジャネット・イエレンが、追加の金融緩和策として、マイナス金利政策の可能性を言い出しました

あなたは正常でいられるでしょうか?つい1ヶ月前まで、「年内の利上げはあり得る」と言っていた同じ人間が、正反対のことを言っているのです。

マイナス金利になると、どういうことが起こるか。端的に言えば、お金を借りると利息がもらえて、反対に、お金を銀行口座に置いたまま活用しないと、マイナス金利ですから、マイナスの利子がつくということです。つまり、銀行に預けておくと元本が金利分、どんどん目減りしていくのです。

それで困る人は誰でしょう?

特に悩ましいのは、巨額の現金の資産を銀行に預けて、利子で生活しているような資産家です。預けておくと、資産が減ってしまうのですから、何かに投資して活用しなければならなくなります。その筆頭は株式投資でしょう。

思い出してください。

小泉政権の時、「貯蓄税」という信じられない課税が考えられたことがあります。銀行に金を預けたままにしておくと税金が取られるのです。これは、資産家を投資に振り向けるために考え出された法律でしたが、日の目を見ることはありませんでした。これも、マイナス金利の一形態と考えることができます。

投資の世界に“引きずり込まれる”資産家たち

ジャネット・イエレンが言い出したことも同じで、「アメリカ人なら、もっと投資に金を振り向けろ」と言っているのです。

マイナス金利政策は、実質的には、量的金融緩和と同じなので、どうしても株式市場で運用しなければならなくなるのです。

マイナス金利政策の下では、「資産が減っていく」ことが無言の圧力となって、強迫観念に苛まれながら、嫌々、投資の世界に引きずり込まれるのです。これは資産家を破壊するための政策です。

繰り返します。ジャネット・イエレンは、確かにマイナス金利を言っているのです。

つまり、FRBは最初から利上げなどするつもりなどなく、マイナス金利によって、次はアメリカの富裕層から金を巻き上げようとしているのです。

あるいは、利上げができない事態になった場合に備えて、2、3のシナリオがあらかじめ用意されていたのかも知れません。A案の利上げがダメなら、B案のマイナス金利、という具合に――


好評配信中の『カレイドスコープのメルマガ』10月8日号では、この続きとして、フレッケンシュタイン氏の回答の後半部分を詳しく解説。また、リチャード・ラッセル氏(投資専門ニュース・レター『Dow Theory Letters』を1958年に発刊以来、91歳の今日までレポートを書き続ける伝説的人物)の最新の見解を紹介しつつ、いまの連邦準備制度理事会(FRB)が抱えるさまざまな問題やゴールド相場について分析しています。

米・利上げは、2017年まで延期される可能性が出てきた

ペンタゴンが、一度は政府機関の閉鎖を警告

金は1トロイオンス当たり1250ドルが上昇反転の転換点

金価格は、いつ上昇に転じるのか、気配は濃厚だが……

リーマンショック→中国バブル崩壊→2019年問題→オリンピックは開催できるのか

カレイドスコープのメルマガ』は初月購読無料、当月バックナンバーは登録後すぐに読めますので、ぜひあなた自身の目でアメリカの金融情勢をチェックしてみてください!

【関連】ここ30年で初めての異常事態、金の現物不足が示唆する「次の危機」

【関連】世界的な株高、本当の背景~これは「緩和バンザイ」相場ではない=馬渕治好

1 2 3

「カレイドスコープ」のメルマガ』(2015年10月8日号)より一部抜粋、再構成
※太字はMONEY VOICE編集部による

初月無料お試し購読OK!有料メルマガ好評配信中

『カレイドスコープ』のメルマガ

[月額770円(税込) 毎週木曜日(祝祭日・年末年始を除く)]
『カレイドスコープ』は、よく「目から鱗」と言われます。国内外の確かな情報を、いくつも紡いで面にしたときに、初めて世界で起こっている事象の深層に迫ることができます。今こそ、ご自分のアングルと視座をしっかり持って、視界ゼロメートルの霧の中から脱出してください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー