fbpx

グリーンスパン元FRB議長とロスチャイルド「極めて悲観的な見通し」で一致

ロスチャイルド投資ファンドトップのJacob Rothschild伯爵が、その2016年上半期の業績報告書で、経済の先行きに対して極めて悲観的な見通し(英文)を語っています。

報告のポイント

2016年上半期のトータルリターンは、目下の悪い環境の中でも3.6%あり、純資産は87.9Mポンド増え、純資産は過去最高の2.5Bポンドに達した。

投資ファンドを率いる総帥のJacob Rothschild伯爵は、業績報告書の中で「この半年間を考えてみると、現在、全世界の中央銀行は世界の金融政策史上最大の実験をしている。それゆえ今後どうなるのか予測がつかない。超低金利政策、マイナス金利となった全世界の政府国債、巨額の量的緩和政策の影響により、予期せぬ結果が出てくるかもしれない」と述べている。

そのため最重要課題は資産の保護であり、ロスチャイルド氏は「株式への資産配分を55%から44%に減らした。またスターリング建ての資産も34%から25%程度に減らし、その代わりゴールドや貴金属の資産を8%に増やした。加えて“Absolute return and credit”(間違いなくリターンのあるものや信用の置ける資産)も増やし、これがこの半年間のリターンとして戻ってきた」とした。

報告のポイントはここまでですが、さらに掘り下げて、2016年上半期の業績報告書の詳細を見ましょう

彼の言う、トータルリターンに貢献した“Absolute return and credit”とは何なのか?同資産ファンドの業績報告書を見てみると…


(ア)業績報告書の冒頭部分で「量的緩和で株価を上げることに成功したが、これは永遠に続けられるものではないだろう。地政学的に超不安定要因になっていることなど、多くの逆風が市場を襲うだろう」と見ていることが読み取れます。それゆえに、安全資産に軸足を移し、ゴールド、貴金属の資産配分を8%増やしたと述べています。

(ウ)業績報告書の資産配分内訳データの一部です。“Absolute return and credit”(間違いなく信用できる安全資産)の欄には不動産が2つ、そしてブラックロック金鉱株ファンド、金先物、銀先物ロングと明記されています。

(イ)ただしこの2つの不動産資産は普通のものではなく、歴史的に重要な貴族の邸宅、居城であったり、歴史的な住宅資産です。その一つのSpencer Houseの写真が(イ)です。

一番安全なものが一番リターンが高いことは、この百年間の歴史で証明されています。


※本記事は、『いつも感謝している高年の独り言(有料版)』2016年8月25日号の抜粋です。ご興味を持たれた方はぜひこの機会にバックナンバー含め今月すべて無料のお試し購読をどうぞ。

【関連】日銀緩和の行方~産経のグッジョブとブルームバーグのミスリード=E氏

【関連】中国が極秘裏に描く「世界金融戦争の終盤戦略」~金買い増しと資金流出のウラ

【関連】詐欺か、錬金術か。ただの紙切れが「1万円札」になる本当の理由=吉田繁治

1 2
いつも感謝している高年の独り言(有料版)』(2016年8月25日号)より一部抜粋、再構成
※太字はMONEY VOICE編集部による
初月無料お試し購読OK!有料メルマガ好評配信中

いつも感謝している高年の独り言(有料版)

[月額660円(税込) 毎週月・火・水・木・金曜日(祝祭日・年末年始を除く)]新聞等に報道されない海外でのディープな情報をお届けします。出来る限り、時代を先取りした情報やデータをお届けします。
いま読まれてます

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー