カリスマ投資家・片山晃(五月)氏が65万円を25億円にした戦略とは?=栫井駿介

大成功したことで有名な個人投資家に、片山晃氏がいます。彼は65万円から株式投資を始め、ピークでは25億円にまで増やしました。Kindle Unlimitedに著作『勝つ投資 負けない投資』がラインナップされていたので読んでみました。彼の投資戦略はバリュー株投資とは異なるものですが、その根底となる原則は同じです。(『バリュー株投資家の見方|つばめ投資顧問』栫井駿介)

プロフィール:栫井駿介(かこいしゅんすけ)
株式投資アドバイザー、証券アナリスト。1986年、鹿児島県生まれ。県立鶴丸高校、東京大学経済学部卒業。大手証券会社にて投資銀行業務に従事した後、2016年に独立しつばめ投資顧問設立。2011年、証券アナリスト第2次レベル試験合格。2015年、大前研一氏が主宰するBOND-BBTプログラムにてMBA取得。

天才が注目した株式投資「4つのパターン」あなたはどれを狙う?

片山氏の投資手法とバリュー株投資

成功した個人投資家というと、多くの人はデイトレーダーを思い浮かべますが、片山氏は長期(あるいは中期)投資家です。長期投資家である以上、企業の業績など「ファンダメンタルズ」を重視することが必須となり、彼も例外ではありません。その点は、私が提唱するバリュー株投資と同様です。

しかし、バリュー株投資と大きく異なるのは、対象としているのが中小型株であることです。以前のレポートで、私は中小型株の情報が限られることから「価値」を見極めにくく、長期投資には向いていないことを指摘しました。値動きもとても大きく、大事な資産を託すには頼りないからです。

一方、片山氏はそれを逆手に取りました。情報が限られ値動きが大きいということは、成功した時に儲ける幅がより大きくなるということです。その戦略を実行するために彼が用いたのが「適時開示情報」です。

【関連】公募割れ続く日本郵政とゆうちょ銀行 「騙された」株主のとるべき道は?=栫井駿介

業績の上方修正があった場合、その理由を調べて、将来何が起こるか想像するのです。会社が小さいほど一つの商品がヒットした時の振れ幅は大きくなりますから、想像がうまく当たれば業績が伸び、あとから気づいた投資家が株を買って株価が上昇するというわけです。

この戦略は誰でもできるわけではありません。片山氏はすべての適時開示情報をチェックしていると言い、それは相当な時間と労力を必要とします。また、単に業績の上方修正を行った銘柄がいいというわけではなく、そこから想像力を働かせるのはやはり才能が必要だと思います。

中小型株は情報が限られるので、最後は自分の直感を信じてリスクを取らないといけないのです。「調べれば論理的に納得のいく答えが得られるかどうか」がバリュー株投資との大きな違いです。

バリュー株投資と共通しているのは「人の裏を行く」ことです。バリュー株投資では、多数派が悲観に陥っている時に、企業の実態と株価の乖離に儲けのチャンスを見出します。一方、片山氏は、誰も見ていない銘柄の、誰も気づかないような変化に着目することで儲けました。注目ポイントは違いますが、どちらも多数派とは違う行動をとっていることがわかるでしょう。

Next: 投資手法の正解は1つではない。片山氏が注目した「4つのパターン」とは?

1 2

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー