fbpx

高所恐怖症に苦しむ市場、1987年ブラックマンデーとの気になる類似点=斎藤満

米FRBが利上げを模索して苦労するなか、日欧が追加緩和で穴埋めするという構図を期待していた市場は裏切られました。今まさに、債券バブルが弾けようとしています。(『マンさんの経済あらかると』斎藤満)

プロフィール:斎藤満(さいとうみつる)
1951年、東京生まれ。グローバル・エコノミスト。一橋大学卒業後、三和銀行に入行。資金為替部時代にニューヨークへ赴任、シニアエコノミストとしてワシントンの動き、とくにFRBの金融政策を探る。その後、三和銀行資金為替部チーフエコノミスト、三和証券調査部長、UFJつばさ証券投資調査部長・チーフエコノミスト、東海東京証券チーフエコノミストを経て2014年6月より独立して現職。為替や金利が動く裏で何が起こっているかを分析している。

※本記事は、『マンさんの経済あらかると』2016年9月12日号の抜粋です。ご興味を持たれた方はぜひこの機会にバックナンバー含め今月すべて無料のお試し購読をどうぞ。

29年前よりも深刻。世界的な株高の「前提条件」は崩れつつある

ニューヨーク市場の不気味さ

先週金曜日の米国株の下げが不気味だと、ブログにも書きました。

29年前の1987年10月に起こったブラックマンデーでは、まさかのドイツによる金利引き上げが、ニューヨーク・ダウの22%下げ(508ドル)の引き金になった、と言われます。

また、ボルカー氏を引き継いだ新任のグリーンスパンFRB議長に、金融市場の「主」が誰かを知らしめるための謀略的な株価下げ説もあります。

実際のところ、何が原因で当時の株価が急落したのかは定かではありませんが、今日の世界的な株高は、長年のゼロ金利、マイナスの長期金利に示されるような異常なまでの超低金利のもとに成り立っていることは否定できません。

【関連】安倍マリオ「東京オリンピックへの危険なBダッシュ」3つの落とし穴=斎藤満

米国株も企業収益が悪化する中で、過熱感がない中で、それでも割高と思われながら、高値を更新、維持されてきました。

S&P500が2200ポイント手前で頭を押さえられ、上抜けできない中で一部に「高所恐怖症」も見られるようになりました。そのなかで、主要国の長期金利が一斉に上昇し、これが金曜日のNYダウを400ドル近く押し下げた直接的なきっかけとなっています。

これは、29年前のドイツ金利の上昇とつながる面があります。

「肝試し」は済んでいるのか?

その点で2つの気になる問題があります。1つは、米国ではFRB議長が変わると、ほぼ例外なく、市場の混乱による議長への「肝試し」があり、金融市場の「主」への忠誠を問う機会が与えられるということです。

ブラックマンデーも、グリーンスパン新議長が試されたわけで、彼は機動的に金融緩和策をとって許された形になっています。

その点、現在のイエレンFRB体制になって、すでにその「肝試し」はなされたのか?昨年夏の中国ショックがそれなら、その後の利上げ見送りで「合格」となったのか?あるいはまだ試験は終わっていないのか?微妙です。

米大統領選挙前に「肝試し」がなされる可能性を指摘する向きもあります。特に、接戦が続く中で、トランプ陣営は、市場混乱カードを利用するとの見方もあります。

【関連】米医師の71%がクロ判定。なぜ「ヒラリー重病説」は報じられないのか?

もう金融緩和では防戦できない

気になるもう1つの点は、1987年当時以上に株式市場が金融緩和依存を強めている上に、その金融緩和が「限界」に差し掛かっていることで、それが今回の長期金利上昇につながった面があります。

かつてのドイツ中銀と違って人為的なものではなく、金融緩和そのものの限界を意識されると、それだけ「投機の鬼」に攻撃の余地を与えます。攻撃されても、もう金融緩和では防戦できないためです。

Next: ボストン連銀総裁のタカ派発言ではない、長期金利上昇「本当の原因」

1 2 3

文中に紹介されている価格については、掲載日時点のものとなります。実際の価格は購入先ページでご確認ください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい