歴史的高値圏にある米国株が、さらに高値を追いそうな5つの根拠=江守哲

目先の米国株はいったん調整するかもしれません。しかし押し目があればさらに買い増せばよいだけ。米国株の長期的な上昇基調はまだまだこれからです。その根拠を挙げてみましょう。(江守哲の「投資の哲人」~ヘッジファンド投資戦略のすべて

本記事は『江守哲の「投資の哲人」~ヘッジファンド投資戦略のすべて』2017年5月15日号の一部抜粋です。全文にご興味をお持ちの方はぜひこの機会に、今月分すべて無料のお試し購読をどうぞ。

プロフィール:江守 哲(えもり てつ)
エモリキャピタルマネジメント株式会社代表取締役。慶應義塾大学商学部卒業。住友商事、英国住友商事(ロンドン駐在)、外資系企業、三井物産子会社、投資顧問などを経て会社設立。「日本で最初のコモディティ・ストラテジスト」。商社・外資系企業時代は30カ国を訪問し、ビジネスを展開。投資顧問でヘッジファンド運用を行ったあと、会社設立。現在は株式・為替・コモディティにて資金運用を行う一方、メルマガを通じた投資情報・運用戦略の発信、セミナー講師、テレビ出演、各種寄稿などを行っている。

真のピークアウトはまだ相当先。目先の調整は押し目買い好機に

米国株式市場~ナスダック指数をけん引するアップル

米国株は堅調さを維持しています。

少し上値は重くなっていますが、それでも歴史的高値圏は維持しています。

ダウ平均は構成銘柄の中身が影響して軟調ですが、ナスダック指数がすごいですね。アップルがけん引する格好で高値を更新しています。

ウォーレン・バフェット氏による株式の大幅買い増しや、年内に発売が予定されるスマートフォン「iPhone」の10周年モデルへの期待感がアップル株の上昇を支えているようです。

時価総額は終値ベースで初めて8000億ドルを突破しました。アップル株は年初から3割以上も上昇し、昨年11月の米大統領選からほぼ5割の上昇となっています。

この結果、アップル株はS&P500全体の約4%を占めるまでになっています。ものすごいインパクトです。

市場関係者によるアップル株の目標株価の中央値は160ドルで、3カ月前の140ドルから切り上がっています。

アップル株への期待感はものすごいものがありますね。

アップルが成長企業かどうかは、かなり微妙になってはきています。しかし、それでも株式市場での期待感が強いのは事実です。

この流れが変わるまでは、ヘッジファンドなどの大口投資家も手放すことはできないでしょう。

万が一手放して、さらに株価が上がってしまうと、自分の運用成績がアンダーパフォームするので、思い切って売却することができないのです。この状況がさらに株価を押し上げるといってもよいでしょう。

長短利回りスプレッドはまだマイナス圏

しかし、徐々に株価が割高になってきたとの声も増えてきました。

一部にはS&P500の売り推奨を出すストラテジストも出始めています。

しかし、株式リターンとの比較で考えると、債券利回りはまだ相当低く、さらに長短利回りスプレッドもまだマイナスです。

現時点で、株式投資のリターンが他の投資に比べてアンダーパフォームする可能性は低いでしょう。

繰り返すように、まずは米国債のスプレッドを確認すべきです。2年債と10年債のスプレッドはまだマイナス1%です。

これが短期金利の上昇を背景にプラス圏に入るまでは、株価は上昇し続けると考えています。これは、2000年のITバブルと2007年のサブプライムローン問題の際にも確認済みです。

米独債券利回りスプレッドにも注目

また、最近では米独債券利回りスプレッドにも注目するようにしています。

これはほとんどの人が見ていない指標だと思います。単純なスプレッドではありますが、米国株の天井をとらえるための指標としては意外に使えます。

このスプレッドが低下傾向、つまり、米国債に対してドイツ債の利回りが上昇してくると、米国株は天井圏に近づいてくると考えます。

しかし、このスプレッドもまだ懸念を示すような状況ではありません。

ユーロ圏のインフレ率がそれほど上がっていませんし、まして米国に対してはまだ低い状況です。

さらに、ECBがすぐに金融緩和政策を転換するような状況ではありません。そう考えると、このスプレッドの動きが米国株の天井を示すのはまだ先といえそうです。

いずれにしても、今後は米2年債-10年債利回りスプレッドと、米独10年債利回りスプレッドのふたつの重要なスプレッドの動きを見ながら、これらが長期的な米国株のピークを示すかを確認することが肝要です。

Next: 多少の警戒感も出てきたNYダウ。いま注目すべき指標とは?

1 2 3 4

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー