やはり実在する、あの政党の「ネット工作員」は石破茂がお好き?=三宅雪子

そろそろ選挙本番、ネット工作員の動向は?先日ある実験をしたところ、面白い現象に遭遇しました。リベラル叩きだけでなく、自民の石破さん叩きが目立つのです。(『三宅雪子の「こわいものしらず」』三宅雪子)

※本記事は有料メルマガ『三宅雪子の「こわいものしらず」』2017年10月6日号の一部抜粋です。ご興味をお持ちの方はぜひこの機会にバックナンバー含め今月分すべて無料のお試し購読をどうぞ。

プロフィール:三宅雪子(みやけ ゆきこ)
元衆議院議員。玉川学園女子短大、共立女子大学を卒業。テレビ局勤務を経て、2009年群馬4区で民主党から立候補し、比例復活当選。現在は、執筆やネット配信、福祉や介護のアドバイザーなどをしながら政治活動を行っている。

ネット工作員の存在は今や常識。あなたは騙されていませんか?

「ネット工作員」を釣る実験

私は日頃から、ネットの世論調査や投票の結果はまったく信用していません。多くのアカウントで何回でもアクセスできてしまいますから、いくらでも操作できてしまいます。と言いつつ、私もたまにやりますが(笑)。まあ、だいたいアカウント主の要望通りの結果になります。「癒し」になってしまっていますが、普通は自分のフォロワーが投票しますから当然のことですよね。

さて、そろそろ選挙本番です。ネットで言われる、いわゆる「工作員」って、もう動きだしているのだろうか?と、ふと興味を持ちました。そこで、「支持をする勢力はどこですか?」という、ごくごくありふれた投票をやってみました。

そうしたら…、最初の半日はいつも通り。そして、「ある時間」を境に、投票数と「ある政党の支持」が極端に増えました

そうですね。それまでのおよそ10倍といったかんじでしょうか? 先にやった東京新聞、ヤフーの調査とほぼ同じ動きだったそうです。1クリックいくらのアルバイトの仕業というのが定説ですが、どうなんでしょうね。

とにかく1日で8000件という異常値です。普段は1000前後ですから「動員」があると疑われます。ついこのあいだ、そのバイト募集が発見され、話題になりました

なぜか自民党の石破茂氏が叩かれる流れに

リベラル叩きが中心でしたが、名指しされていたのが、なぜか自民党の石破さん。石破さんは2012年の総裁選挙で党員票では1位になっていますから、現政権周辺の人からすればおそらく脅威なんでしょうね。

別のアンケートで「自民党政権が続くとして、次に総理になって欲しい人」と投げかけたら、今のところ岸田さんがトップです。与野党双方に与しやすいと思われているんでしょうか? この世界、出る杭は叩かれる、です。

「ネット工作員」はやはり存在している

陰謀論は好きではありません。以前は「工作員、工作員ってなんだかなあ」と思っていました。しかし、同時刻に始まり同時刻に終わる「定型文」の投稿を経験すると、その存在を否定できなくなりました。頼んだ側にすれば、「少しはアレンジしてくれよ」でしょうが、1つ誤字があると、投稿すべてに同じ誤字があるので笑ってしまいます。

民進党のネット対策は遅れていると言われていました。なんとかする前に解党になってしまいました。「希望の党」は、小池さんがその方面には詳しいです。「立憲民主党」はツイッター開設初日にフォロワー8万人からスタートです。幸先いいですが、ネガキャン、フエイクニュースにも備えなければ…。

Next: 被害者が加害者になる「フェイクニュース」に騙されない方法

1 2

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー