小池氏より怖い安倍総理の「次の敵」アベノミクス再加速と株高の盲点=近藤駿介

自民大勝を受け、衆院選明けの株式市場は連騰記録を更新している。だが現実に「さらにアベノミクスを推し進める」のは、安倍総理が主張するほど容易ではない。(近藤駿介)

プロフィール:近藤駿介(こんどうしゅんすけ)
ファンドマネージャー、ストラテジストとして金融市場で20年以上の実戦経験。評論活動の傍ら国会議員政策顧問などを歴任し、教科書的な評論・解説ではなく、市場参加者の肌感覚を伝える切り口を得意としている。

現在まぐまぐで無料メルマガに加え、有料メルマガ『元ファンドマネージャー近藤駿介の現場感覚』好評配信中。ご興味をお持ちの方はぜひこの機会にバックナンバー含め今月分すべて無料のお試し購読をどうぞ。

勝利に酔いしれる安倍総理に反アベノミクス研究会が襲いかかる?

安倍自民党の圧勝劇

超大型で非常に強い勢力の台風21号が東海、関東地方を襲った22日、多くの人たちの期待と夢を背負ったロンドンオリンピック金メダリストの村田諒太は、22年ぶりにミドル級世界王者を獲得し、全国のファンの期待に応えてみせた。

一方、同じ22日に投開票された衆院総選挙は自民が圧勝。「単独過半数を目指す」ことを掲げ台風の目になるはずだった小池代表率いる希望の党は大失速し、野党第一党の座も立憲民主党に奪われるなど、つむじ風すら起こすことができず、国民の期待を大きく裏切った。

「私自身におごりがあった。これまでは空中戦でやってきたが、小選挙区はそれだけではだめだった。私自身、都知事選、都議選と完勝させていただき、2連勝だったが、今回は完敗ということをはっきりと申し上げたい」

希望の党の小池代表は厳しい選挙結果を受け、訪問先のパリで「完敗」を認めた。しかし、「完敗」を認める敗戦の弁のなかで「私自身、都知事選、都議選と完勝させていただき、2連勝だった」と過去の勝利を持ち出す神経は普通の人間には理解しがたいものであると同時に、「私自身におごりがあった」ことを本当に反省しているのかに疑問を抱かせるものであった。

なぜ安倍総理は「希望」を一蹴できた?

希望の党失速の原因となったのは「全員を受け入れるつもりはさらさらありません」「排除いたします」など、小池代表が発した「排除の論理」だったと言われている。確かにこうした冷淡にみえる発言がメディアで繰り返し流されたことで、小池代表に対する好感度とともに、希望の党に対する期待が萎んでいったのは間違いないだろう。

しかし、様々な政治思想を持つ議員の選挙互助会のようになっていることが最大の弱点でもあった民進党の候補者全員を受け入れれば、単なる看板の架け替えであるという強い批判を受けることは間違いないことであった。

したがって、あの時点で小池代表が「排除の論理」を持ち出すのは当然のことであり、小池代表自身も批判をされる筋合いはないと考えていたとしても不思議ではない。言葉のチョイスが悪過ぎたことでネガティブキャンペーンの材料に使われるまで、自身の発言が大きな批判を招くとは考えていなかったはずだ。

それは、「保守勢力の中での政権交代」を目指していた小池代表にとって、リベラル色を排除することが必要条件だったからである。

「保守勢力の中での政権交代」を目指していた小池代表が思い描いていた戦略は、リベラル派を排除し保守色を前面に打ち出すことで、保守勢力の中で「安倍政権よりよさそう」という立ち位置を確立し、自らの高い人気を背景に「総理の人柄が信用できない」という層を取り込めば、単独過半数を獲得できる可能性があるというものだったはずである。

この戦略の前提にあったのは、民主党政権の失敗を強く記憶している国民がリベラル派を支持することはなく、排除したとしても大きな問題にはならないという認識だったと思われる。むしろ、リベラル派を排除する強い姿勢を見せることで得られるであろう保守層からの支持のほうがプラスに作用すると考えていたのではないか。

しかし、小池代表が発した「排除の論理」は、排除された民進党議員たちが立憲民主党を立ち上げるという想定外を生み、結果的に墓穴を掘ることになった。

小池代表の誤算

小池代表から「排除」発言が飛び出したのは、希望の党結成から4日後の9月29日(金)に行われた都知事の定例会見後の非公式取材(会見)の場であった。そして、この「排除」発言からわずか8日後には、小池代表から「排除」された枝野元官房長官を中心に立憲民主党が立ち上げられることになった。

安倍総理が9月25日に衆議院解散表明を行うとの報道が出た9月19日からわずか6日で立ち上げられた希望の党には及ばなかったものの、何の準備もしていなかったはずの立憲民主党がわずか8日間で立ち上がるというのは小池代表にとって想定外だったはずである。一夜城を築けるのは「羽柴秀吉」と「小池百合子」以外にいないと考えるのが普通だからだ。

もし、希望の党以外の新党が立ち上げられる可能性を感じていたら、同じ「排除」発言をするにしても、日程的に新党立ち上げが困難になる公示日の10日に近いところでしたはずである。

しかし、「排除」発言が希望の党のターゲットとしている保守層に歓迎されていると考えていたであろう小池代表は、「排除」された議員たちが新党を立ち上げることは想像していなかった、あるいは、立ち上げたとしても脅威にはならないと高を括っていたのだろう。

立憲民主党が立ち上げられることで、小池代表が目指していた「保守勢力内での政権交代」というシナリオが一気に崩れるという展開は、「小池劇場」のシナリオにはなかったはずである。

安倍総理に利した「同じ土俵」の戦い

立憲民主党が立ち上げられたことで、選挙戦の構図は「小池劇場」が描いていた「保守勢力内での政権交代」から「保守とリベラルの戦い」へと変わることになってしまった。それに伴ってメディアの報道も「改憲派vs護憲派」という構図が軸になり、希望の党は自民党を補完する「改憲政党」という括りの中に閉じ込められることになってしまった。

「穏健な保守」を掲げ、消費増税凍結など自民党とは異なる政策を訴えることで庶民に寄り添うジャンヌダルクを演じ、「安倍政権よりよさそう」という印象を植え付けることで政権奪取を目指していた「小池劇場」のシナリオはここで破綻してしまったといえる。

希望の党が排除した候補者たちが無所属で立候補するのであれば、「改憲派vs護憲派」というような構図にはならなかったはずである。希望の党を立ち上げることで、保守勢力の中での2つ目の旗印を掲げた小池代表であったが、自らが排除したリベラル勢力に立憲民主党を立ち上げさせ、リベラル派の旗印を作らせる結果になってしまったのは皮肉である。

Next: 立憲民主党の立ち上げすら、安倍自民の「追い風」になった理由

1 2 3 4

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー