スバルよ、お前もか! 地に落ちつつある「技術大国ニッポン」の看板=近藤駿介

日産に続き、SUBARU(スバル)でも無資格検査が発覚した。合理化を追求すると、結果的に「技術大国ニッポン」という看板を傷付けることになる。(『近藤駿介~金融市場を通して見える世界』近藤駿介)

プロフィール:近藤駿介(こんどうしゅんすけ)
ファンドマネージャー、ストラテジストとして金融市場で20年以上の実戦経験。評論活動の傍ら国会議員政策顧問などを歴任。教科書的な評論・解説ではなく、市場参加者の肌感覚を伝える無料メルマガに加え、有料版『元ファンドマネージャー近藤駿介の現場感覚』を好評配信中。

今、求められているのは「日本らしい技術革新と生産性向上」だ

スバルも無資格検査、30年以上前から

SUBARUお前もか!」という感じである。

SUBARU(スバル)が自動車の完成検査員の資格がない従業員に検査をさせていた問題で、30年以上前から常態化していた可能性があることが27日明らかになった。

出典:スバル無資格検査、30年以上前からか 社長が認める – 日経電子版(2017年10月27日配信)

2000年まで「少なくとも20年近く前から無資格検査が行われていた」。日産自動車系列なので、悪しき文化が共用されていたとしても不思議ではない。

SUBARUが先なのか、日産が先なのかは定かではないが…。それはもはやどうでもいい、本質から離れた問題だ。

SUBARU<7270> 日足(SBI証券提供)

SUBARU<7270> 日足(SBI証券提供)

グローバルスタンダードは日本に合わないのか

合理化、技術革新、生産性の向上…。政府や経営陣、有識者たちはその必要性を強調するが、技術は進歩しても、人間の心は技術の進歩にすぐには追いつけないという点も考慮しなければ、結果的に「技術大国ニッポン」という看板を傷付けることになる。

単にグローバル化、国際競争と称して海外の考えを取り入れるのではなく、日本らしい、日本人にあった技術革新、生産性の向上を目指してほしい。

日本で最も早くグローバルスタンダードを急速に取り入れたのが、バブル崩壊後の資産運用、投資業界。その日本が未だに「金融後進国」と言われている現状に対して、検証と反省が必要だと思えてならない。

金融業界の失敗に学べ。目の前に格好の失敗例があるのだから。

【関連】「技術の日産」が抱える、リコール問題よりさらに大きな不安とは?=栫井駿介


有料メルマガ『元ファンドマネージャー近藤駿介の現場感覚』好評配信中。ご興味をお持ちの方はぜひこの機会にバックナンバー含め今月分すべて無料のお試し購読をどうぞ。

【関連】日本郵政の危ないマネーゲーム。個人をはめ込む政府株売却の本音と建前=近藤駿介

【関連】Googleが飲み込もうとしている世界と、彼らの手がまだ触れない世界=シバタナオキ

【関連】不正蔓延で株価急落、堕落した神戸製鋼に「明るい未来」はあるのか?=栫井駿介

近藤駿介~金融市場を通して見える世界』(2017年10月27日)より
※記事タイトル、本文見出し、太字はMONEY VOICE編集部による

無料メルマガ好評配信中

近藤駿介~金融市場を通して見える世界

[無料 ほぼ 平日刊]
ファンドマネージャー、ストラテジストとして金融市場で20年以上の実戦経験を持つと同時に、評論家としても活動してきた近藤駿介の、教科書的な評論・解説ではなく、市場参加者の肌感覚を伝えるマガジン。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー