もうすぐ始まる市場大調整は「日本株バブル」の号砲となるか?=藤井まり子

11月半ばあたりには、アメリカ株式市場も日本株式市場も「大幅調整局面入り」が予想されます。買い上げている人は利益確定の時期かもしれません。(『藤井まり子の資産形成プレミアム・レポート』藤井まり子)

※本記事は有料メルマガ『藤井まり子の資産形成プレミアム・レポート』2017年11月2日号の一部抜粋です。ご興味をお持ちの方はぜひこの機会にご購読をどうぞ。当月配信済みのバックナンバーもすぐ読めます。

ヘッジファンド撤退? それでも日本株の「バブル」はこれからだ

日本市場は一旦の天井か

買い上げている人は、そろそろ利益確定をし始めたほうがよいかもしれません。売るときも回数分散を。ちゃんとアセットアロケーションを組んでいる読者様は、そのままバイ&ホールドです。

日本株式市場は、おそらく11月半ばあたりまで、なんとか横ばいか、さらに上昇することでしょう。しかし11月半ばからは一転して下落へ。

11月半ばまでに日経平均は2万3,000円に達するのか? それとも、テクニカル上の節目である2万2,666円あたりまでの上昇で終わるのか?ちょっとわかりません。

ヘッジファンドたちは、たぶん、11月半ばまで日本株を上げられるだけ上げてくるでしょう。彼らは、「アメリカの債務上限問題が12月8日にタイムリミットを迎える」ことを恐れて、11月半ばあたりにも、日本株式市場から撤退するでしょう。

アメリカ株式市場もそろそろ

11月半ばにもなれば、アメリカの「債務上限引き上げ(タイムリミットは12月8日)」問題が再び急浮上し始めるでしょう。9月の引き上げ問題は、ハリケーンの甚大被害という「国難」が幸いしましたが、12月8日のタイムリミットでは、「金持ち優遇のトランプ減税」も絡んでくるので、議会は大揉めに揉めることでしょう。

11月半ばあたりには、アメリカ株式市場もグローバル株式市場も日本株式市場も「大幅調整局面入り」が予想されます。

ここまで先に結論を述べましたが、次ページから重要な部分をそれぞれ解説していきます。

Next: 根拠はある。アメリカ人が株を買い漁っている本当の理由

1 2 3

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー