ビットコイン版「バブルの物語」いつか死ぬまで踊り続ける覚悟はあるか?=鈴木傾城

今どき通貨のデジタル化に驚く人はどうかしている。仮想通貨は世界を変えるだろう。それは、眼前のこの仮想通貨バブルが破裂するのと同じくらい確実な未来だ。どういうことか?(『鈴木傾城の「ダークネス」メルマガ編』)

※有料メルマガ『鈴木傾城の「ダークネス」メルマガ編』好評配信中。ご興味をお持ちの方はぜひこの機会にバックナンバー含め今月分すべて無料のお試し購読をどうぞ。

プロフィール:鈴木傾城(すずき けいせい)
作家、アルファブロガー。政治・経済分野に精通し、様々な事件や事象を取りあげるブログ「ダークネス」、アジアの闇をテーマにしたブログ「ブラックアジア」を運営している。

今、私たちが目撃しているのは暗号通貨を巡る「壮大なバブル」だ

疑う余地なき「仮想通貨」の将来性

CDで音楽を聞くスタイルやDVDで映画を観るスタイルは、インターネットでのストリーミングに置き換えられた。CDやDVDという「物体」は急激に時代遅れになりつつある。紙の媒体で読む出版物も、急速にインターネットに取り込まれて置き換えられようとしている。

それならば、紙幣コインという物体が次にインターネットに取り込まれていったとしてもまったく不思議ではない。

ビットコイン等の暗号通貨は、まさにインターネットが紙幣を取り込む動きであると考えれば、その重要性が分かるはずだ。

音楽も映画もテレビも書籍も、デジタル化できるものはすべてデジタル化されていくのだから、紙幣やコインもデジタル化されて驚く方がどうかしている

すでにインターネットでは、ビットコインやイーサリアムやリップルやライトコイン等々の「仮想通貨」が大量に生まれて流通している。インターネットは「通貨」をもデジタル化して取り込んでしまおうとしているのだ。

これらの「仮想通貨」は、その技術的な仕組みから「暗号通貨」とも呼ばれているのだが、ここに可能性を感じて資金を投じている人は時代の先駆者である。

ビットコイン価格は上がり続ける、いつか暴落する日まで

暗号通貨は、紙幣やコインといった物理的な媒体をデジタルに置き換えるものだから、今後より重要な存在になっていくのは間違いない

だから暗号通貨には莫大な資金が流れ込んでおり、近年稀にみる強気相場が形成されている。

史上最大の暗号通貨であるビットコインは、2017年1月は1000ドル前後だったのだが、これが2017年10月には6000ドル台にもなっている。

1年にも満たない期間で6倍も上昇しているのだから、いかに熱狂的な相場になっているのか分かるはずだ。

その通貨に可能性を感じる人が増えれば大勢が買う。買う人がいるとさらに上がる。

利ざやを手に入れるために売る人も出てくるのだが、それ以上に資金の流入の方が激しいのでビットコインの価格はどんどん跳ね上がっている。

こうした「跳ね上がっている」ものを見たら、それが何であれ「バスに乗り遅れるな」と言わんばかりに飛び乗る人たちも大勢いる。だから、跳ね上がっているものは、より跳ね上がっていくことになる。

バブルが弾ける前に降りれば難なく金持ちになれるので、バブルは人目を惹く。メディアも煽り立て、投資に慣れていない人々も浮き足だって参入する。

ビットコインは完全に「バブル」状態

この状態を何と言うか。

答えるまでもない。「バブル」と呼ぶ。バブルは、自分よりも高くそれを買ってくれる人を見つけるゲームだが、10ヶ月で6倍も上がる鉄火場で、凄まじいばかりの投機が今この瞬間に行われているのである。

実はバブルでは、最も無謀で、最も思慮が浅く、最も強気な人間が勝ち続ける。それが弾けるまでは上がり続けるのだから、全財産を賭けてバブルに乗っている人間が強いのだ。

ビットコインは上がり続けるのか。熱狂は冷めていないので、もちろん上がり続ける。どこまで上がるのか。それは、まったく分からない。ある日、何の前触れもなく相場が吹き飛ぶまで、熱狂的な相場は続いていく

Next: 仮想通貨が世界を変える頃、ビットコインバブルは崩壊している

1 2 3 4 5

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー