やっぱり正しい「石の上にも3年」最速で1,000万円貯金することのメリット=浦田健

あなたは、どうすれば「本当にやりがいのある仕事」を見つけられると思いますか? 僕がマレーシアで出会ったトップセールスマンを例に、その方法を考えます。(『『金持ち大家さん』になるアパート・マンション経営塾』浦田健)

人生はドラクエみたいなもの。問題をワクワクしながら乗り越えろ

本当にやりたいことを見つけるには?

あなたは、どうすれば「本当にやりがいのある仕事」を見つけられると思いますか? 好きなことだけをやり続けていれば、それが仕事になるのでしょうか?

答えはです。以前にも当メルマガでお伝えしていますが、その仕事が誰よりも好きで、その仕事に対する強い情熱があって、その仕事が社会に良いことなら、絶対にやりがいのある仕事になるはずだし、絶対にその仕事であなたは成功します

もちろん、社会に出てすぐに情熱を持って働ける仕事が見つかればとても幸せですが、それは多分すぐには見つかりません

なぜなら、いろいろな仕事をやってみて初めて、本当にやりたいことに出会えることが多いからです。

感情に任せて仕事を辞めるのは損

僕は仕事柄、多くのスタッフを雇ってきましたが、「忙しい」「仕事がつまらない」「上司が嫌いだから」みたいな理由で、すぐに仕事をやめてしまう人が多いような気がします。

でも、こういう感情にまかせて仕事を辞めたりするのは、次に繋がる学びを得ることができないので、しないほうが良いと思うのです。どんな仕事や職場でも、学ぶべきことは必ずありますから。

誰でも、仕事を理解し、できるようになるまでは3年くらいはかかるもの。3年やれば仕事の意味がわかるし、かなりのことを学べます。そして、その仕事を通じて必ず成長できるはずなのです。

マレーシアで出会ったセールスマン

僕がマレーシアで初めて車を買ったときのセールスマンの話をしましょう。

移住してから1年間ずっとレンタカーで不便だったから、現地メーカーの手頃な車を買おうと思ってディーラーを訪れた時の話です。

店舗に入るなり、受付カウンターに男が3人、足を投げ出してふんぞり返っていました。僕を一瞬ジロリと見たと思うと、すぐに視線を落としてスマホゲームに没頭。日本なら普通、きれいな受付のお姉さんが座っているところでです(笑)。

でも聞けばこの3人、ディーラーの営業マンだというから2度びっくり。マレーシア人にとって車は高価なものだけど、このメーカーの売れ筋車種は価格も手頃で、10台に1台が走っているほどの人気車種

営業マンは月に1台売るのが最低ノルマだけど、月に1台くらいなら紹介営業で簡単に売れる。月1台を売れば、後は何をやっていても、会社をクビになることはない。そして、彼らは平均以上の給料をもらうことができる。「だったら必要以上に働く必要ないじゃーん?」って感じに見えたくらいでした。

だからといって、お客様が座るはずの応接ソファーにも営業マンがふんぞり返っているなんて信じられない。もう漫画の世界で、笑うしかありませんでした。

でも、このダラダラした同僚たちを横目に、月30台ものトップセールスを上げ続けている営業マンがいました。1日1台、車を売るんですから、すごいを通り越してビックリです!

Next: トップセールスマンはどうやって月30台の車を売っているのか?

1 2 3 4

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい