私の見た「幸福な富裕者と不幸な富裕者」その決定的違い(後編) – 山崎和邦 わが追憶の投機家たち

投資歴54年の山崎和邦氏による本連載。テーマは前回に引き続き「幸せなお金持ちに共通の特徴」です。幸福な富裕者が皆、法律や契約を執拗なほど頑なに守る理由とは?インサイダー取引の誘惑や詐欺的増資にも打ち克つ心構えとは?山崎氏が豊富な実例を交えて解説します(後編)。
私の見た「幸福な富裕者と不幸な富裕者」その決定的違い(前編)はこちら

知ってか知らずか、契約を破って没落していく「不幸な富裕者」

前回までに、ヒトとおカネの組み合わせにはたった4通りしかなく、しょせん鴨長明や松尾芭蕉のような哲人になれない私たち凡人は(1)「幸福な富裕者」を目指すのが上策とした。

  1. おカネがたくさんあって幸福な人(幸福な富裕者)
  2. おカネがたくさんあっても不幸な人(不幸な富裕者)
  3. おカネがなくても幸福な人(幸福な貧者)
  4. おカネがなくて不幸な人(不幸な貧者)

そして、これまで私が見てきた多くの「幸福な富裕者」に共通する性質として、「自律的で質実な生活態度」と「最低限の法律・契約を必ず守る規範意識」を挙げた。今回は、2つ目の規範意識の大切さとその本質について、私自身の事例もまじえながらご紹介したい。

私自身や、私の知る「幸福な富裕者」は皆、法律や契約を執拗なほど頑なに守ってきた。「お金持ちは狡い人間」と思っている人にとっては、もしかすると意外に感じるかもしれない。だが事実である。

なぜ「幸福な富裕者」は約束を守るのだろうか。それは、「幸福な富裕者」は、最低限の約束を守らなければ最終的にワリを食うのは自分であることを、真の意味で深く理解しているからである。だから法律や契約を遵守する。ゆえに怖いものがない。

勘違いしないでいただきたいが、これは道徳や倫理観ではなく、あくまで損得勘定の話である。「幸福な富裕者」は、経済合理的な選択として、いちど交わした約束を必ず果たす

「幸福な富裕者」がすべての面で徹底的に損得計算ができるのに対し、「不幸な富裕者」はおカネの面でしか損得計算ができない、と言えば伝わりやすいかもしれない。

150830yamazaki01

「不幸な富裕者」は富の構築過程で一時的にせよ法律や契約を破る。これが身の破滅につながる。そうでなくとも不幸に陥る原因となる。私はそのような人を数多く見てきた。

読者諸賢も一度は見聞きしたことがあるであろう卑近な例を挙げるなら、例えば「生前のあの人はお金持ちだったけど、死んだ後に子どもたちが相続争いで大喧嘩だそうだ。裁判で判事から和解を促されたのに、それでも高裁までいっちゃって。これじゃあ、おカネがいくらあっても不幸だネ」などという話だ。

このような悲劇は、その富裕者が民法上の相続ルールを(知ってか知らずかはさておき)“破る”ことで生じるのだ。彼は生前、子どもたちのために相続ルールに則った配分の遺言証書を作らなかった。すなわち法律と約束事(契約)を無視している。

それから、「あの人は気の毒にねぇ、お金持ちすぎて国税庁の調査が入ったそうよ。おカネがあってもこれじゃあ幸福ではないわネ」といったトラブルもそうである。税法という基礎的な法律を破っている。

不幸な富裕者が転落したとき、周囲の人間は決まって「あの人は気の毒に」と言う。これのホンネは「いい気味だ」である。だが、契約と法律を守ってさえいれば人様から「いい気味だ」と後ろ指を指されることはない。税務署も国税庁も警察も、何も怖くない。ヤクザや暴力組織すら怖くはなくなる

私の経験では、これらが怖いと言う者はおしなべて、法律は守っても契約(約束ごと)を守らなかったり、逆に契約は守っても法律を破ったりしていた。

「法律と契約を守る者にとっては」という括弧付きで、おカネは多ければ多いほどよい。おカネこそは、私たちの人生を真に自由たらしめるカギとなるものである――

と、理屈ばかりでは退屈だろうから、次頁から筆者の実体験をご紹介しよう。自分が同じ状況に置かれたらどう対応するか、それを考えながらご一読いただきたい。

Next: 事例1:確実に儲かる「インサイダー取引」の誘惑に打ち克てるか?

1 2 3 4 5

山崎和邦(やまざきかずくに)

山崎和邦

1937年シンガポール生まれ。慶應義塾大学経済学部卒。野村證券入社後、1974年に同社支店長。退社後、三井ホーム九州支店長に、1990年、常務取締役・兼・三井ホームエンジニアリング社長。2001年同社を退社し、産業能率大学講師、2004年武蔵野学院大学教授。現在同大学大学院特任教授、同大学名誉教授。

大学院教授は世を忍ぶ仮の姿。実態は現職の投資家。投資歴54年、前半は野村證券で投資家の資金を運用、後半は自己資金で金融資産を構築、晩年は現役投資家で且つ「研究者」として大学院で実用経済学を講義。

趣味は狩猟(長野県下伊那郡で1シーズンに鹿、猪を3~5頭)、ゴルフ(オフィシャルHDCP12を30年堅持したが今は18)、居合(古流4段、全日本剣道連盟3段)。一番の趣味は何と言っても金融市場で金融資産を増やすこと。

著書に「投機学入門ー不滅の相場常勝哲学」(講談社文庫)、「投資詐欺」(同)、「株で4倍儲ける本」(中経出版)、近著3刷重版「常識力で勝つ 超正統派株式投資法」(角川学芸出版)等。

初月無料お試し購読OK!有料メルマガ好評配信中

山崎和邦 週報『投機の流儀』

[月額1500円(税込) 毎週日曜日配信]
市況動向や世界的超金融緩和の行く末を、学者兼投機家の視点で分析。読者質問コーナーでは活発な意見交換も。初月無料で会員限定の投機コミュニティを覗いてみるチャンス!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー