プーチンがいま考えていること。ロシアが米国を倒す5つのステップ

「イスラム国」やシリア反政府勢力を攻撃し、アサド政権を支援するロシア・プーチン大統領。その狙いは原油のドル決済(ペトロダラーシステム)に代表される、戦後の米ドル基軸通貨体制の打倒にある――ロシア在住歴25年の国際関係アナリスト・北野幸伯氏が解説します。

ロシア・プーチンによる米ドル基軸通貨体制への挑戦

シリア問題の行き着く先は?「ありえるシナリオ」を検討する

ロシアによるシリア・イスラム国攻撃の真剣度が増してきました。空爆だけでなく、海軍も攻撃を開始しています。

プーチンらしいやり方です。

米軍は、1年以上もイスラム国を空爆しつづけ、まったく何の効果もありませんでした。むしろイスラム国の支配地域は拡大し、シリアのアサド政権をおびやかすようになってきた。

それでロシアは、「アメリカは、イスラム国をアサド打倒のために利用している」と見ているのです。一方ロシアは、「中東の事実上の同盟者アサドを守る」という目的がはっきりしているので、ガンガンやっています。

さて今回は、「こうすればプーチン、アメリカにとどめを刺せるよね」という方法について。もちろん、私の空想です。

空想ですが、「ありえるシナリオ」でもあります。

私自身は、アメリカの完全没落を願っていません。対中国で日本が困ることになるからです。世界経済もメチャクチャになるでしょうし。

第1段階:プーチンは短期間で「イスラム国」を掃討する

圧倒的残酷さで、「世界共通の脅威」になった「イスラム国」。米軍は「ダラダラ」空爆を1年もつづけ、何の結果も出ていない。「本気で勝つ気あるの?」と疑いたくなるのは、ロシア人だけではないでしょう。

プーチンは、世界共通の敵「イスラム国」を3~4ヶ月で壊滅させ、世界の英雄になります(※この「なります」は、予測ではなく、「なりたいです」という意味です。いまお話ししていることは、私が「プーチンの脳内で起こっている」ことを想像しているのです)。

第2段階:プーチンは、アサド政権を守る

ロシアはイスラム国と同時に、シリアの「反アサド派」を攻撃している。それで、シリア国内から「反アサド勢力」は一掃され、アサド政権が盤石になります(プーチンは盤石にしたい)。

第3段階:プーチンは、シリア、イランとサウジアラビアを和解させる

「中東」というと、「みんなイスラム教徒」というイメージですが、シーア派とスンニ派が争っています。もっと言うとシーア派のイランと、スンニ派のサウジアラビアを中心とする争い。

プーチンは、そのイランとサウジアラビアを和解させます。

「不可能だ!」と思いますね。しかし、最近事情が変わってきているのです。というのは、今年7月、アメリカはイランと和解しました。

イラン核問題の包括的解決を目指し、ウィーンで交渉を続けてきた6カ国(米英仏露中独)とイランは14日、「包括的共同行動計画」で最終合意した。イランのウラン濃縮能力を大幅に制限し、厳しい監視下に置くことで核武装への道を閉ざす一方、対イラン制裁を解除する。2002年にイランの秘密核開発計画が発覚してから13年。粘り強い国際的な外交努力によって、核拡散の可能性を減じる歴史的な合意となった。

出典:<イラン核交渉>最終合意 ウラン濃縮制限、経済制裁を解除 – 毎日新聞 7月14日(火)

これに衝撃を受けたのがサウジとイスラエルです。「アメリカに見捨てられた!」と感じている。それで彼らは、ロシアに接近しはじめている。

なぜアメリカは、イランと和解したのでしょうか?

「シェール革命」で、天然ガス生産でも原油生産でも世界一に浮上したアメリカ。「自国にたっぷり資源がある」ことを理解したアメリカにとって、(資源たっぷりの)中東の重要性が薄れたのです。

それで、ロシアが中東で影響力を拡大できる条件が整っている。「でも、ロシアは中東で影響力を拡大してどうしたいの?」それは次のページで。

Next: 第4段階:歴史的和解を演出し中東の覇権を握るプーチン。そしてドル崩壊へ

1 2

無料メルマガ好評配信中

ロシア政治経済ジャーナル

[無料 不定期]
日本のエリートがこっそり読んでいる秘伝のメルマガ。驚愕の予測的中率に、問合わせが殺到中。わけのわからない世界情勢を、世界一わかりやすく解説しています。まぐまぐ殿堂入り!まぐまぐ大賞2005年・2008年ニュース・情報源部門一位の実力!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー
ついでに読みたい