fbpx

東京為替:1ドル113円80銭近辺、日経平均は大幅反発、米元財務長官、インフレ減速の可能性は50%以下

マネーボイス 必読の記事



午前の東京外為市場でドル・円は1ドル=113円80銭近辺で推移。サマーズ米元財務長官は、「イエレン米財務長官は来年末までにインフレが減速すると主張しているが、その可能性は五分五分よりずっと低いと思う」と述べたとブルームバーグが報じている。

一方、東京株式市場は日経平均が500.16円高で午前の取引を終了した。米ナスダックが上昇した流れを受けて、昨日に下落したハイテク株や指数に寄与度の高い銘柄を中心に反発となり相場をけん引しているもようだ。なお、昨日に2780円安となったファーストリテイリング<9983>は2940円高と大幅反発となっているもようだ。



いま読まれてます

記事提供:
元記事を読む

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー