fbpx

米雇用統計でドル円急落、今後の注目点/消費増税延期不況がやってくる?=ショー

まるで「サラリーマンの会議」だった安倍首相の増税延期会見

6月1日の安倍首相記者会見(消費増税再延期)、中継をフルで見ました。もちろん、為替チャートを見つつ(笑)

首相が話しはじめる直前にまとまった売り(フライング売り?)が発生したり、これはネタか、と思うようなこともあったわけですが、話の内容に驚きみたいなものは何もありませんでした。

経済対策は秋までに、というのはネガティブでしたが。

消費税増税再延期はすでにここ数日、メディアにリークして織り込んできましたから、市場の反応は“材料出尽くし”で、ドル円は下落していきました。

冒頭の挨拶みたいな話の後、本題の消費増税再延期に話が移ったわけですが、まあ、前置きが長いこと長いこと

為替の掲示版もチェックしていたのですが、「早く結論お願いします」といった投稿が連打されていて笑ってしまいました。

この光景を見つつ思い出したのが、サラリーマン時代の会議での報告

悪い報告をする人って、たいてい前置きがめっちゃ長くて、まずは、これこれこんな努力をしてきました、ベストを尽くしてきました、でも、外部環境が悪くて、目標未達に終わりました、みたいな流れになることが多いと思います。

前置き9割5分、結論5分みたいな感じですね(笑)

国家の代表である総理大臣でも、中間管理職サラリーマンのように話さないといけないのか、大変だな、と感じたものです。

そして発言の中で非常に気になったのが、

足元では新興国や途上国の経済が落ち込んでおり、世界経済が大きなリスクに直面している。こうした認識を、先般、伊勢志摩サミットに集まった世界のリーダーたちと共有した。

の部分。

大きなリスクに直面している」という言葉が複数回出てきましたが、報道を通じてこのことを知った人の反応は大きく2つに分かれると思います。

Next: これから「消費増税延期不況」がやってくるかも?

1 2 3
いま読まれてます

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー