fbpx

ウェンディーズやマクドナルドから「店員のスマイル」が完全消滅する日

マクドナルドよお前もか。いったい何万人の非正規従業員が解雇される?

こちらも海外のニュースサイトで、外食チェーン最大手のMcDonald’s(マクドナルド)でも、今後は電子注文および電子決済化が進むとの報道がありました。

McDonald’s社は、ドライブ・スルーでの業務の時間短縮のために、ロボット化を図ると発表。

同社は、過去4年間連続で顧客数が減っており、2012年以降、米国本土で合計で延べ5億人の来店客数減少があった。何とかして利益を上げるため、ドライブスルーの待ち時間を減らそうとしているのである。

米国本社のCEOであるChris Kempczinski氏は、年末までに約1万4000店舗の全店で「電子注文および電子支払い」をできるようにすると発表。競合他社のドミノピザやスターバックスと比較すると、同社は電子決済の導入が遅れている現状がある。そのため、アメリカ国内と同じく2017年末までに、海外の6000店舗でもこの電子注文決済システムを導入すると発表した。

Chris Kempczinski氏は、携帯電話などによる電子決済のメリットについて、「注文間違いを防ぎ、サービスの迅速化ができるうえに、ドライブ・スルーの混雑を解消し、1時間あたり20台分の受注増加が見込まれる」として、「まずは米国から試験的に初めて、諸外国にも展開したい」と述べた。

出典:McDonald’s US turnaround shifts to technology, speedier service – Channel NewsAsia

マクドナルドのこの施策で、何万人の非正規従業員が解雇されるのでしょうか?そして、その解雇された人々はどこに行くのでしょう?
続きはご購読ください。初月無料です


※本記事は、『いつも感謝している高年の独り言(有料版)』2017年3月9日号の抜粋です。ご興味を持たれた方はぜひこの機会にバックナンバー含め今月すべて無料のお試し購読をどうぞ。

【関連】アマゾンのAI食料品店『Amazon Go』はあと5年で世界を何色に塗り替えるか?=吉田繁治

【関連】地獄の「あいりん地区」で覚える投資術 ジャンキーどもの逆を行け=鈴木傾城

【関連】人間はAIに敗れるか?投資の世界に訪れるシンギュラリティ(技術的特異点)=田渕直也

1 2
いつも感謝している高年の独り言(有料版)』(2017年3月9日号)より一部抜粋、再構成
※太字はMONEY VOICE編集部による
初月無料お試し購読OK!有料メルマガ好評配信中

いつも感謝している高年の独り言(有料版)

[月額660円(税込) 毎週月・火・水・木・金曜日(祝祭日・年末年始を除く)]新聞等に報道されない海外でのディープな情報をお届けします。出来る限り、時代を先取りした情報やデータをお届けします。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい