fbpx

牛ではなく豚が主役!松屋フーズ「株価絶好調」を支える新戦略とは?=佐藤昌司

「とんかつ店市場」に未来はあるのか

牛丼店市場は飽和状態にあります。近年の松屋の店舗数は概ね900~1,000店、吉野家は1,100~1,200店、すき家は1,900~2,000店の間で横ばいで推移しています。今後においても大きな成長は見込めないでしょう。

一方、とんかつ店市場はまだまだ成長の余地があるといえます。低価格のとんかつ店で他に勢いがあるのは「かつや」ぐらいでしょう。他は「とんかつ和幸」や「とんかつ浜勝」が有名ですが、それでも規模は十分に大きいとはいえません。そのため、松乃家が今後さらに成長する余地は十分あるといえます。

松屋フーズの株価は高騰しています。松乃家が成長することで、収益性が向上することはもちろん、仕入れ構造が安定することも好感されているのでしょう。投資家は成長性と安定性が高いと判断しているのではないでしょうか。

51d4BWNQaCL

 『企業経営戦略史 飛躍の軌跡(クリエイションコンサルティング)

【関連】カリスマ経営者・鈴木氏を追い出したセブン&アイが欧米勢に狙われるワケ=児島康孝

【関連】お金が貯まるランチ。京セラ稲盛和夫氏が吉野家の牛丼を好む理由=山田健彦

【関連】逆転の発想術。なぜ「コンビニおでん」は9月に一番売れるのか?=佐藤昌司

1 2 3
店舗経営者の繁盛店講座|小売業・飲食店・サービス業』(2017年3月21日号)より一部抜粋
※太字はMONEY VOICE編集部による
無料メルマガ好評配信中

店舗経営者の繁盛店講座|小売業・飲食店・サービス業

[無料 ほぼ 日刊]
東京MXテレビ『バラいろダンディ』に出演、東洋経済オンライン『マクドナルドができていない「基本中の基本」』を寄稿、テレビ東京『たけしのニッポンのミカタ!スペシャル「並ぶ場所にはワケがある!行列からニッポンが見えるSP」』を監修した、店舗経営コンサルタント・佐藤昌司が発行するメルマガです。店舗経営や商売、ビジネスなどに役立つ情報を配信しています。
いま読まれてます

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー