fbpx

LCホールディングス<8938>の「本気」に期待~情熱投資家・相川伸夫が語る注目銘柄

LCホールディングスの本気度がわかる事例

LCの本気度を示す根拠として、2月20日付での有償ストックオプションのIRにも着目すべきです。※ストックオプションとは役員や従業員を奮起させる新株予約権のこと。

・ストックオプション行使条件

1)割当日(平成29年3月8日)から平成32年3月31日までの間において、終値が一度でも1,500円を上回ること

2)株式会社LCパートナーズ(LCホールディングスの子会社であり、リート上場の要の部門)の平成30年3月期から平成32年3月期のいずれかの期の確定した単体の損益計算書における当期純利益が2億8千万を超えること

…が主な要件です。

LCパートナーズが、今回の上場のカギを握っています。だからこその「ストックオプション発行」。このストックオプションのIRがあるかないかによっても、会社の本気度が変わります。会社の本気度というのは、とどのつまり、その中で働く生身の人間の本気度に直結するといっても過言ではありません!

投資家側としては、なんとしてもここをがんばって欲しい。会社の役員にとっても、特大ボーナスであるストックオプションをなんとしても行使したい。しかもこの権利が3年以内の時間制限付きなところが、とてもアツいと感じてしまいます。

時価総額50億の会社が『億の近道』になるかどうか…。同社の「本気」に期待するとします。

【関連】米国株は「2029年まで続く超長期上昇トレンド」の第2ステージに入った=江守哲

【関連】安倍総理の誤算。トランプ大統領はなぜ「日本の消費税」に怒るのか?=近藤駿介

【関連】牛ではなく豚が主役!松屋フーズ「株価絶好調」を支える新戦略とは?=佐藤昌司

1 2 3 4

億の近道』(2017年4月3日号)より一部抜粋
※太字はMONEY VOICE編集部による

無料メルマガ好評配信中

億の近道

[無料 週3~4回]
個人投資家の方にも機関投資家並み、若しくはそれ以上の情報提供をするのが目的です。株式で「億」の資産形成を目指しましょう!我々マーケットのプロが導きます。各種コラムが大好評!内容に自信アリ。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー