fbpx

【3月米雇用統計】「全戻し」念頭に戻り売り狙いも、米シリア攻撃どう影響?=ゆきママ

いよいよ本日は雇用統計ということで、その数字に注目が集まっています。しかしながら、ここ数日で状況は激変しており、さらに米軍によるシリア攻撃が起こったことで、単純に数字の良し悪しで相場を語るのが難しくなりつつあります。雇用統計の展望を描くうえで現在の状況を正確に把握することは非常に重要ですから、ぜひこの点を意識してお読みいただければと思います。(『ゆきママのブログでは書けないFXレポート(無料板)』『お値段以上!?ゆきママの「週刊為替予測レポート」(有料板)』FXトレーダー/ブロガー・ゆきママ)

「全戻しパターン」の可能性が高く、想定レンジは108.50~112.00円

利上げについては完全に視界不良状態に

今年の相場のテーマとして「利上げ(金利の引き上げ)ペース」を挙げ、雇用統計記事でも何度もその見通しが相場に影響するとしてきました。というのも、昨年9月に日銀が長短金利操作付き量的・質的金融緩和を導入して以後、ドル円相場は米国の長期金利(10年債利回り)の動きと高い相関性を保ち続けているからです。

日銀の政策下(金利操作)において日本の長期金利が0%にペッグ(ほぼ固定)され続けるならば、米国の長期金利の先行きを考えるだけで、自ずと将来的な日米金利差がわかることになります。であるならば、この米長期金利の見通しについてさえ行けばよい、という非常に単純なロジックで市場関係者は相場の展望を描いてきたわけです。

しかしながら、ここ数日に発生した2つの要因によって米国の利上げ見通しが視界不良状態に陥りつつあり、次の展開を読むことが非常に難しくなりつつあります。

突然の辞任劇とバランスシート削減の意味

その2つの要因とは、1つはラッカー・リッチモンド連銀総裁が突然辞任したこと、もう1つは年内中にバランスシートの削減に着手すると唐突な議論がFOMCで繰り広げられていたことです。どちらも市場関係者を困惑させるのに十分な材料だったように思います。

まず、4月4日にあったラッカー連銀総裁の辞任についてですが、これは2012年に発生したFRBの情報漏洩がきっかけとなっています。2012年10月のメドレー・グローバル・アドバイザーズという会社の顧客向けレポートにおいて、FRBの内部情報がかなり詳細かつ、相場を大きく動かしかねない内容が含まれていたことが2015年に発覚して大問題となりました。

イエレンFRB議長も関与したのではと見られていますが、メドレー社との接触は認めたものの情報漏洩自体は否定しています。2015年当時は民主党のオバマ政権だったこともあり、イエレン議長はこれをネタにした共和党の攻撃から守られてきた経緯があります。

流れを考えればラッカー連銀総裁を辞任に追い込んだのは共和党絡みの圧力ということになり、今は後ろ盾を失った状態のイエレン議長も場合によっては辞任に追い込まれる可能性があります。また、今後の金融政策についても何らかの圧力が加わることが考えられるため、これまでの政策路線が維持されるかどうかがわからなくなりつつあります。

加えて、年内にバランスシートの削減を行う可能性があるということが、4月5日に発表された3月分のFOMC議事録から明らかとなりました。

このバランスシートの削減とは、FRBが国債やモーゲージ債を買い入れる量的緩和と呼ばれる手法によって、膨張させてきた金融市場に対して逆のことを行うことになります。つまり、ドルを大量に放出してシャバシャバに薄めることの反対ですから、利上げなどと同じく金融政策の引き締めということです。

ただ、利上げすらままならない状況で、同時にバランスシートの削減が行えるのかといった当然の指摘がありました。ましてや量的緩和は劇薬とされるほどでしたから、逆のことをしても同様に激しい副作用を伴うことになるでしょう。

しかし、つい先ほど本日の日本時間10時30分頃、米国がシリアに巡航ミサイルで攻撃したとの報道がありました。もし戦争が発生することによって大幅な原油高になるのであれば、かなりのインフレに見舞われることになりますから、利上げ程度の引き締めでは十分でなく、バランスシートの削減という劇薬に手を出す必要があるということで準備をしていたのかもしれません。

いずれにせよ金融政策全体が一旦振り出しに戻ったというか、政策動向を見極めるためには今後のFRB関係者の発言やFOMCにおける議論の推移、米国の経済状況や世界情勢を見守るしかないため、雇用統計の結果から今後の展望を描くのは困難というほかありません。このことは値動きを考えるうえで非常に重要ですので、しっかり頭に叩き込んでから雇用統計の結果がどうなるかを考えていきましょう。

Next: 先行指標は十分な強さ。今夜は特に賃金上昇率に注目したい

1 2 3

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい