fbpx

夜店の「くじ引き」はインチキなのか? 300万円で買い占めて検証した結果…

神社などで行われるお祭りに出店しているクジ引き、その内訳がどうなっているか、考えたことはあるだろうか?

確かに、景品の表示には特賞、一等、二等賞という欄が設けられていることがほとんどで、そこには大抵の場合、豪華賞品の名前が書かれている。

しかし引くクジのなかに、そのような当たりが含まれている保証はどこにも存在していない。祭りという場の“ノリ”に惑わされがちだが、結局私たちは、ただ店側の善意に身を委ねるしかないのだ。

そんな曖昧なところも多い『夜店』界隈だが、果敢にもその真相を明らかにしようとするYouTuberが現れた。

チャンネル登録者数100万人を超す人気動画配信者、ヒカル(Hikaru)さんによる、体当たり検証をご覧いただきたい。

そのやり方は非常にシンプル。大量の軍資金(300万円!)を元手にくじ引き屋の“クジ”すべてを買い漁り、当たりが入っているかそれを確かめようというのだ。

ヒカルさん曰く、昨年の夏にも同じことを試したそうだが、そのときは店側に撮影をNGにされた上、豪華賞品については相手とのやり取りの結果、実質「ない」という結論に至ったという。

今回はそんな経験を教訓にしたのか、事前にカメラを回し、ヒカルさんは有無をいわさずひたすらにクジを引いていく。ちなみに一応、特賞が狙いのようだ。

途中で応援の声が入ったり店員さんとのやりとりはあるものの、そこから後半までは、ただひたすらに開封作業。最初は涼しい顔をしていた向こう側も、ヤケクソじみた人“金”戦術を前に、徐々に顔色が曇っていく。

あとの方は、どこからかやってきた“親玉”も交えて、クジを開くどころか、入ってる入ってないの水掛け論の押し問答に。

ただ、お互い議論はかなりヒートアップはしたものの、確固たる証拠というモノは最後まで出ず仕舞い。

なので、どちらが正しいとも断言はできないのだが…アナタはコレ、どう思います?

(※↓詳しくはコチラへ)
出典:YouTube(ヒカル(Hikaru))
(本記事は上記の報道や情報を参考に執筆しています)

記事提供:ViRATES

メルマガ『WEEKLY ViRATES』
スマホ時代の週刊誌「ViRATES」の人気記事をまとめて週一回配信中!「ViRATES」の公式メルマガ
<<登録はこちら>>

【関連】自己責任ゲリオン・今村復興大臣に伝えたい「せめて、人間らしく」=ちだい

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー