fbpx

トランプと習近平の密約「米国発の円高シナリオ」を加速させる3要因=斎藤満

中国の金融危機回避を想定した円高誘導シナリオ

もっとも政府も日銀も、日銀による外債購入は為替操作につながるとして否定しています。しかし円高になり、米国が望めば話は別です。

このため、以前から密かに、日銀による米国債の購入が日米中国の間で議論されていたと言われます。その際に、必要なら円高に誘導するシナリオがありました。

今米国のインフラ投資にはまだ時間がありますが、当面中国の金融危機回避を想定した円高誘導シナリオが利用される可能性があります。

米国も、北朝鮮への中国の働きに期待する分、経済協力は惜しまないでしょう。

円が必要以上に安すぎるとの前提のもと、1.日米通商問題2.中国の金融危機回避3.北朝鮮の暴発封印などの視点から、米国発の円高シナリオが利用される可能性を考えておいたほうが良いかもしれません。
続きはご購読ください。初月無料です

<初月無料購読ですぐ読める! 4月配信済みバックナンバー>

・見えてきたトランプ大統領の本性(4/14)
・トランプ政策下の金利高ドル高見通しは修正(4/12)
・米中首脳会談で習主席は窮地に(4/10)
・日銀理論の破たんを示す需給ギャップのプラス化(4/7)
・天下分け目の米中首脳会談(4/5)
・年金不安のデフレ圧力(4/3)


※本記事は、『マンさんの経済あらかると』2017年4月17日号の抜粋です。ご興味を持たれた方はぜひこの機会にバックナンバー含め今月すべて無料のお試し購読をどうぞ。

【関連】【米中首脳会談】トランプの「北朝鮮潰し」と中国に仕掛けられた罠=斎藤満

【関連】北朝鮮「真のXデー」は4月19日か? 工作員と化学兵器の攻撃目標は

【関連】アメリカのシナリオ通りに進む「韓国弱体化」と近づく朝鮮半島有事=斎藤満

【関連】「影の支配者」D・ロックフェラーの死にほくそ笑むゴールドマンの戦略=斎藤満

1 2 3

マンさんの経済あらかると』(2017年4月17日号)より抜粋
※太字はMONEY VOICE編集部による

初月無料お試し購読OK!有料メルマガ好評配信中

マンさんの経済あらかると

[月額880円(税込) 毎週月・水・金曜日(祝祭日・年末年始を除く)]
金融・為替市場で40年近いエコノミスト経歴を持つ著者が、日々経済問題と取り組んでいる方々のために、ホットな話題を「あらかると」の形でとりあげます。新聞やTVが取り上げない裏話にもご期待ください。

いま読まれてます

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー