fbpx

「10月暴落説」私はこう見る~相場歴55年の観点から思うこと=山崎和邦

一方の日本株底入れ説をどう見るか?「19,000円まで上昇」強気論も

SMBC日興証券株式会社 株式調査部 チーフテクニカル・アナリストの吉野豊氏は、専らチャート面からこう言う。

4月の高値17,572円を抜くと新たな上昇波動入りが確認され、年末までに19,000円あたりまで上昇する可能性がある、とする。

この言い方は、本稿が言うところの「昨年6月が大天井だった」ということを認めていることになる。中間反騰だとは言っていないが、中間反騰だということを是認した上での言い分である。テクニカル上はそうなると言う。果たしてそうだろうか。

本稿では既述したとおり、テクニカル上は、ブレグジット前の値に対してその後の下げ幅を足した17,700円前後に注目している。所謂「中抜きの倍返し」がせいぜいであり、これが4月高値とのダブルトップを形成するという見方である。

米国株はどうなるか?

昨年12月に続く2回目の米利上げの時期について、見方が錯綜している。

NYダウの18000ドル水準は分岐点に

NYダウの18000ドル水準は分岐点に

NYダウは7月20日の18622ドル、8月15日の18668ドル、これを以てWトップ形成の可能性もある。

Next: 野村證券の米国株高予想をどう見るか?

1 2 3
いま読まれてます

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー