fbpx

【大本営発表】「いざなぎ景気超え間近」がウソである3つの理由=小浜逸郎

御用学者と庶民感覚のズレ

しかし、何もこうした統計資料で確かめなくとも(それは大事なことですが)、世相をつぶさに観察していれば、景気など少しも回復していないことは明らかです。

筆者は、タクシーに乗るたびに、運転手さんに「景気はどうですか」と聞くことにしています。ここ3、4年、これまで50回くらいは聞いてきたと思いますが、「よくなってきてますね」と答えた人は、ただの1人もいません

反対に、「よくないですねえ」と答える人が圧倒的に多い。なかには「アベノミクスなんてデッタラメよお!」と威勢よく応じた女性運転手さんもいました。

またこの2年の間に、鶴岡市、京田辺市、白浜町、藤枝市などの地方都市を訪れましたが、どの町も閑散としていて、目抜き通りはシャッター街でした。まことに「いざなぎ景気」とはうら寂しいものであります。

さらに、筆者の住む地区にあるデパ地下のスーパーは、隣のイトーヨーカ堂などより価格が高いので、昼間は閑散としています。ところが、閉店近くになると生鮮食料品が半額になり、客がどっと押し寄せます。特売品には長蛇の列ができます。

この光景は、筆者が子どもの頃に開店した「主婦の店 ダイエー」を彷彿とさせます。みんな必死で家計をやりくりしているのですね。

御用学者が気づかない、庶民感覚とのズレ

吉川洋氏だけでなく、伊藤元重氏、伊藤隆敏氏、土居丈朗氏など、消費増税推進を目論む御用学者たちは、何か根本的に自らの職業的使命を間違えています。庶民の生活意識と自分たちの主張とがいかに乖離しているかということにすら気づいていない。いったい何のために「経済学」とやらをやってきたのでしょうか。

「緊縮真理教」に骨の髄までやられている財務官僚。そしてそこにダニのように群がるこの人たちを、権力中枢から追放する方法を、何とかみなさんで考えましょう。

【関連】日本経済に「無茶で危険なダイエット」を勧めるPB黒字教徒の狂気=三橋貴明

【関連】「プライマリー・バランスの黒字化」が日本を滅ぼす7つの理由=内閣官房参与 藤井聡

【関連】いよいよ「危険水域」に入った東京都心3区のマンションバブル=大前研一

1 2 3

三橋貴明の「新」経世済民新聞』2017年6月22日号(もうすぐ「いざなぎ景気」だとよ!)より

無料メルマガ好評配信中

三橋貴明の「新」経世済民新聞

[無料 ほぼ日刊]
●テレビ、雜誌、ネットで話題沸騰!日本中の専門家の注目を集める経済評論家・三橋貴明が責任編集長を務める日刊メルマガ。三橋貴明、藤井聡(京都大学大学院教授)、柴山桂太(京都大学准教授)、施光恒(九州大学准教授)、浅野久美(チャンネル桜キャスター)、青木泰樹(経世論研究所 客員研究員)、平松禎史(アニメーター・演出家)、宍戸駿太郎(國際大学・筑波大学名誉教授)、佐藤健志(作家・評論家)、島倉原(評論家)、上島嘉郎(ジャーナリスト/元「正論」編集長)などの執筆陣たちが、日本経済、世界経済の真相をメッタ斬り! 日本と世界の「今」と「裏」を知り、明日をつかむスーパー日刊経済新聞!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー