fbpx

AIに奪われるだけじゃない!技術革新で生まれてきた「新しい職業」5選=東条雅彦

【新職業その2】YouTuber(実写系)

今、新しい職業として、最も世間の注目を集めているのがYouTuberです。

私の近所には小学校があって、家の前の道路は通学路になっています。最近、子どもたちが下校の途中で友達同士で「バイバーイ」と言って別れる時に「スカイピース」(人気YouTuberの名前)と叫びながら、バイバイをしていたのには本当に衝撃を受けました。

見た感じ小学校3年生ぐらいでした。子どもたちは一体、どんな機器を使ってYouTubeを視聴しているのかがとても気になりました。

内閣府が2016年11~12月に満10~17歳の5000人を対象として実施した調査(最新)では、インターネット利用率が80.2%という非常に高い値になっていました。

利用機器はスマホ(47.2%)でトップです。以下、携帯ゲーム機(21.7%)、タブレット(20.9%)、ノートパソコン(17.3%)と続きます。

明らかにテレビからYouTubeに人が移動してきています。この流れは今後も強化されていくでしょう。

【新職業その3】ゲーム実況者

YouTuberと被るところがあるのですが、ゲーム実況という分野は、YouTubeの中でも巨大市場になっているので、敢えて分けて区分しました。

世界で最もYouTubeのチャンネル登録者数が多いのが、ピューディパイ(PewDiePie)さんというスウェーデン人のゲーム実況者です。現在はイギリスに住んでいます。ゲームの実況から動画の編集までほぼ1人で作業をしているそうです。

チャンネル登録者数はなんと5,600万人です。日本の人口1億2700万人の約半数に当たる人たちが、ピューディパイさんのゲーム実況を視聴していることになります。

そして、ピューディパイさんの年収はなんと17億円です。今でもチャンネル登録者数は年率20%のペースで伸びているので、年収も連動して増えていっているはずです。

ピューディパイさんは英語で実況しているので、全世界の人たちにアプローチできます。さらにゲームという分野は世界中の人たちに好まれている分野で、国と国の壁がほとんどありません。

その点、実写チャンネルの方が言葉やその国の文化等に引っ張られてしまい、商圏が狭くなるという欠点があります。

一昔前までは「ゲームの実況」で億万長者になる人が出てくるなんて、完全に想定外だったと思います。とても大きな変化が起きています。

先程のYouTuber(実写系)とゲーム実況者が儲かっている根本は、動画広告市場の伸びにあります。

<動画広告市場規模推計・予想(デバイス別)「2015年~2022年」>

出典:オンラインビデオ総研/デジタルインファクト調べ

出典:オンラインビデオ総研/デジタルインファクト調べ

インターネット広告の中でも「動画広告」は1番、熱い分野です。2015年には535億円だった市場が、7年後の2022年には2,918億円と約5.4倍に増加する予定です。

YouTuberとゲーム実況者の収入は、まだまだ右肩上がりで推移していくことが予想されます。

Next: 【新職業その4・その5】ドローン操縦士/VR作家

1 2 3 4
いま読まれてます

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー