fbpx

北朝鮮リスクの損得勘定~ミサイル発射で誰がどれだけ「得」をする?=矢口新

損得勘定で暴れている北朝鮮

新たな仮想敵国は、中国北朝鮮だった。とはいえ、中国は政治的にも経済的にも自由主義経済に組み込まれており、あからさまな敵対関係はできない。ところが、孤立した北朝鮮が適度に暴れてくれるおかげで、米国は日韓を軍事上の支配下に置き続けることができている。

穿った見方をすれば、北朝鮮は、米国、ロシア、中国による極東分割統治のコマだ。だからこそ、どんなに暴れても、潰されずにきた。とはいえ、世界の最貧国の1つに落ちぶれるというだけの扱いだった。

もし、その見方が当たらずとも遠からずなら、北朝鮮には、極東の情勢が日韓よりはよく見えている。そして、自国の利益のために、どこまでの挑発なら許されるのかと、徐々に挑発の度合を高めてきたのが、近年の北朝鮮だ。そして、世界でまだ1桁の国しかない、核保有国にまで到達したのだ。その意味では、金正恩を侮ることはできない。

だとすれば、金正恩は正気だ。正気ならば、挑発による損得勘定を理解している。今後は、米国、ロシア、中国に、核保有国としての待遇を求めてくる可能性が高く、自暴自棄の核兵器使用の可能性は低い。

出来レースでもリスク管理は必要

政治家は、本音と建前の使い分けに長けている。北朝鮮情勢は、トランプ、プーチン、習近平、安倍晋三に追い風だ。というより、歴史的に、権力者たちは自分の利益のために、紛争を起こし、危機感を煽ってきた。そう見れば、金融市場の不安定が長く続くというより、安定のための布石だという見方もできる。

もっとも、そんなセコイ損得勘定がいつも機能するわけではない。火遊びが大火につながった例は、枚挙に暇がない。出来レースだと高を括りながらも、何があるか分からないとリスク管理を怠らないことが肝要だ。

続きはご購読ください。初月無料です

【関連】日本はなぜ超格差社会になったのか?その「制裁」は1989年に始まった=矢口新

<初月無料購読ですぐ読める! メルマガ8月配信済みバックナンバー>

・北朝鮮情勢の損得勘定(8/29)
・Q&A:指値してもいい?(8/28)
・ボルカールールは現在、特に必要(8/28)
・Q&A:原油価格、50ドルを上抜ければ本格上昇?(8/24)
・賃金上昇率が鈍い理由(8/23)
・ヘイトスピーチと表現の自由(8/21)
・ビットコインの時価総額(8/17)
・ビットコイン建て債券発行(8/16)
・米朝衝突リスクは去ったのか?(8/15)
・トランプ大統領、白人至上主義者に賛同?(8/14)
・日本でデフレが続くことの考察(8/14)
・Q&A:迷った時には、上位足を気にした方が良いのでは?(8/9)
・政策で最も重要なのは、経済対策(8/8)
・外貨送金の同時決済の対象を拡大(8/7)
・年金需給はいつから始める? 1つの考え方(8/7)
・AIはバベルの塔か?(8/3)
・ニーズが異なる個々と群れのせめぎ合い(8/2)
・IMF提言の矛盾(8/1)

<こちらも必読! 月単位で購入できるバックナンバー>

8月分すべて無料の定期購読手続きを完了後、各月バックナンバーをお求めください。

7月配信分
・日本人は年金を当てにしていいか?(7/31)
・オサマ・ビン・ラディン氏のリンチ殺害の真相?(7/27)
・移動平均線(3)(7/26)
・Q&A:エスチャートスクリーナーでの銘柄入替えによる分散投資について(7/25)
・移動平均線(1~2)(7/24)
・カネ余り相場と、資金循環相場 4(7/20)
・カネ余り相場と、資金循環相場 3(7/19)
・カネ余り相場と、資金循環相場 2(7/18)
・カネ余り相場と、資金循環相場 1(7/18)
・資金流入なき株高(7/13)
・Q&A:コツコツドカンへの対処(7/12)
・Q&A:メンタル面で意識することは?(7/11)
・的外れの国防論議(7/10)
・米国のカネ余り相場の終わりと、利上げの関係(7/6)
・米国カネ余り相場の終わり(7/5)
・米国の若者は、ビデオゲームに夢中で、ハッピー!(7/4)
・トレンドライン(3)(7/3)
・トレンドライン(2)(7/3)

6月配信分
・ファンドマネージャーの世襲をどう思う?(6/29)
・米、シリアと本格対立か?(6/28)
・高まる邦銀のリスク(6/27)
・下値を探る原油価格(6/26)
・トレンドライン(1)(6/22)
・仮想通貨は、「仮想の」通貨(6/21)
・Q&A:AIはトレーダーを失職させる?(6/20)
・波動を読む(6/19)
・Q&A:イベント時のポジション(6/19)
・目的のためには、手段を選ばぬ!(6/16)
・Q&A:特定の時間に動く気がする(6/14)
・Q&A:ヘッジファンドの投資戦略(6/13)
・機能不全の日本の経済政策(6/12)
・ローソク足−2(6/11)
・不安な個人、立ちすくむ国家:経済産業省−3(6/8)
・不安な個人、立ちすくむ国家:経済産業省−2(6/7)
・不安な個人、立ちすくむ国家:経済産業省−1(6/6)
・カネ余り相場はいつまで?(6/5)
・ローソク足−1(6/5)
・主な経済ニュース(6/1)


※矢口新氏のメルマガ『相場はあなたの夢をかなえる ―有料版―』好評配信中!ご興味を持たれた方はぜひこの機会に初月すべて無料のお試し購読をどうぞ。

【関連】日本のデフレに「謎」はない。この経済政策の矛盾を自分の頭で考えよう=矢口新

【関連】D9、SENERは氷山の一角。ビットコイン人気に便乗する詐欺疑惑案件5つ=山岡俊介

1 2

相場はあなたの夢をかなえる ―有料版―』(2017年8月29日号)より一部抜粋
※太字はMONEY VOICE編集部による

初月無料お試し購読OK!有料メルマガ好評配信中

相場はあなたの夢をかなえる ―有料版―

[月額864円(税込) 毎週月曜日(祝祭日・年末年始を除く)]
ご好評のメルマガ「相場はあなたの夢をかなえる」に、フォローアップで市場の動きを知る ―有料版― が登場。本文は毎週月曜日の寄り付き前。無料のフォローアップは週3,4回、ホットなトピックについて、より忌憚のない本音を語る。「生き残りのディーリング」の著者の相場解説!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい